販売員の面接を突破するために対策するべき質問

2017年2月24日販売員, 選考対策

販売員経験の有無と志望理由は面接で質問されやすい

Person 801829 1280

まずは、志望理由と販売員の経験の有無を聞かれます。これは面接の質問だけでなく、履歴書にも記載する事項です。例え未経験でも、本人の口から改めて自身の考えを聞けば、不利な条件をカバーするアピールの手段となります。店舗におけるお客様は基本的に初めて会う人間ですので、物怖じせずに発言できる人材は面接でも販売員に向いていると判断されるでしょう。

経験がなくてもやる気を示すのが大事

上記の販売員経験の有無についてですが、たとえ販売員が未経験であっても面接で落ち込む必要はありません。未経験=真っ新ですので、逆に自社のイメージに染めやすいというメリットから低評価とはならないのです。むしろ、「未経験でも元気さでカバーしたい」といった補足の言葉を元気よく言えるかどうかが販売員になるために面接で答えるポイントとなります。

キャリアプランについては販売員の面接でよく質問される

販売員の中でも、社員募集を行っている企業の面接においてよく聞かれる質問がキャリアプランの内容です。企業において、販売員となった自分が○年後どうなっていたいのかを描いているか?といった質問を面接ではされます。企業は、当然ながら面接でもそういったビジョンを持っている販売員を希望する人材を求めているでしょう。そのため、面接の事前準備として受ける企業の販売員商品だけではなく、事業内容なども確認しておく必要があるのです。

キャリアプランは具体的に作成するのがいい

販売員を希望して面接をするということは、少なからずその企業に魅かれたポイントがあるはずです。その上で会社の企業情報を基にプランを作成して面接の質問には答えていきましょう。例えば、アパレルの販売員を志望している場合です。

洋服のデザインが好みなことから面接を希望→店舗で販売員の経験を積み、店長としてマネジメントを確立した後は本社勤務として全国に自身の選んだ服を置くバイヤーを目指したい。

▼こちらもチェック!
女性のキャリアプランの立て方と例

以前の職場や退職の理由についは面接でよく質問される

前職の退職理由や当社商品(ブランド)の好きなところなども面接では質問されやすいです。特に前職の退職理由についての質問は、仕事そのものに対しての考え方などを知る意味も含まれているため、面接ではかなり突っ込んで聞かれることが多い質問だと言えます。しっかりと準備しておきましょう。特に職歴において勤務年数が短い場合は、面接で特に質問されるので注意が必要です。

面接で前職の悪口や愚痴を言うと評価が下がる

また、面接の質問に答える際のNG事項として、他社の悪口やストレスを言うのが挙げられます。前述した前職の退職理由の質問などはいい例なのですが、前職の労働環境に問題があった場合などは、つい「残業が多すぎて嫌でした」などと本音を言ってしまいたくなりますが、これは避けましょう。なぜならどの企業においても同様の問題は起きる可能性があり、それを理由に退職するかもしれない人間を雇いたいとは思わないからです。

販売員の面接における質問には自分のキャリアプランや経験を整理して答えるのが大事

販売員はお客様に商材を売ることが仕事です。よって必然とコミュニケーション能力や先を読む能力を人材に求める傾向があります。面接においても、何気ない質問の裏では人間性を探っているということが多々ありますので、今自分が何を質問されているのかを考え、常に前向きに返答できるように心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年2月24日転職

Posted by BiZPARK