転職で落ちるのは何故?一次面接を突破できる対策4つ

選考対策

転職の一次面接で落ちる典型的な理由とは?

Tie 690084 640

まず、面接で落ちるのには理由があるという事を再確認しましょう。落ちるのがどうしてなのか、突き詰めて考えないと、何度も不合格を繰り返す結果になってしまいます。

転職の一次面接において人事担当者がチェックしているポイントを挙げながら、落ちる理由を確認しておきましょう。具体的な対策がぐっと立てやすくなります。

一次面接で落ちる理由➀:身だしなみがダメ

初対面の人と会う時、内面よりまず外面の印象でその人の印象が9割方決まってしまうといわれています。それは面接の時も一緒です。書類選考が通り、実際に一次面接で人事担当者があなたと会った時、まず身だしなみをチェックしています。

ヘアスタイルは髪が顔にかからないようスッキリとまとめられているか、だらしない服装をしていないかなど、転職の一次面接にふさわしい格好で来ているかどうかは必ず見られますし、これは社会人として当然のマナーですよね。社会人に相応しい身だしなみができないのであれば、落ちるのも無理はありません。

一次面接で落ちる理由②:言葉づかいが不適切

転職の一次面接で人事担当者は、あなたの言葉づかいについても見ています。ビジネスマンとして正しい敬語が使えているかなど、言葉づかいを重視している企業は多いものです。面接の場で言葉遣いが悪い応募者は、たいていその場で落ちる事が決まってしまいます。

一次面接で落ちる理由③:コミュニケーション能力が不十分

転職の面接では言葉づかいと共に話し方といったコミュニケーション能力も見られています。仕事をする上で、人とコミュニケーションが取れないと話になりませんし、一次面接の場であれば尚更です。

人事担当者の質問に正しく答えられていない、小さな声でボソボソと話すなど、基本的なコミュニケーション能力がないと、一次面接を突破するのは難しいでしょう。

一次面接で落ちる理由④:人間性に問題が!?

転職の一次面接では、あなたとの会話の中で、あなたの持つ雰囲気や人間性もチェックされています。何故かというと、あなたが会社の雰囲気と人間性が合っているかどうかを判断しているからです。

企業としても素晴らしい人材だけれども、社員の一員として雰囲気が合わない人は採らないものです。この基準は一次面接ならではですね。

対策は非常に難しいものですが、あなたがこの会社に相応しい人材であるという意識をしっかり持って一次面接に臨まなければならないことだけは確かです。

一次面接突破のために今すぐ出来る対策を実践しよう

転職の一次面接を突破するためには、「ビジネスパーソンとしての常識」が備わっていることが大前提。そこにプラスして、経験やスキルが見られているんですね。では、今すぐに出来る対策とは?

何度も落ちる人はもちろん、これから本格的に転職活動を始めようと考えている人も必見です。

一次面接突破の対策①:応募先の情報収集をする

転職一次面接では、応募者のスキルや知識だけでなく、企業カルチャーに合っているかどうかも見られています。例えば、協調性を重視した会社なのか、個人プレイを重視した会社なのか。スピード感を重視した会社なのか、熟考した進め方を重視する会社なのか。

何を重視しているかで一次面接で話すべき内容は変わってくるハズです。面接前にしっかりと対策しておくといいでしょう。

一次面接突破の対策②:服装マナーを確認

髪・靴・バックといった服装のマナーを万全に整えて一次面接に臨むべきです。何故なら、身だしなみの不安点を全て潰し、万全に対策して一次面接に臨むと、その緊張感や気持ちの持ち方から、顔つきや喋り方、一つ一つの仕草まで自信を持ったものに変わるからです。

一次面接突破の対策③:応募書類はミスなく正確に記載

転職の一次面接では、応募書類もくまなく見られています。応募書類はあなたの分身です。適当に書いていたら当たり前ですが適当な人だと判断されてしまいます。履歴書や職務経歴書の誤字脱字は絶対にNGです。

一次面接突破の対策④:自己紹介や志望動機を反復練習

転職の一次面接では、自己紹介のあとに志望動機が聞かれるものですが、志望動機が曖昧なまま面接に臨んでしまうと、ボロが出てしまうもの。

ただでさえ緊張している面接の場、話の筋が飛んでしまい言葉に詰まってしまうなんて事態にもなりかねません。そうなると、相手もこの人は本当に入社したいのか?と、疑問に持たれてしまいます。

履歴書に書いた志望動機を基本として、何故この会社を希望したのか理由を答えらえるように面接前に練習しておくなど対策しておきましょう。

転職の一次面接を突破するための最大のコツとは?

転職の一次面接では応募者の全体像・人となりを重視して見ているので、特に前職の退職理由や、入社してやってみたいことなど、様々な質問を投げかけられると思います。退職理由は、ついネガティブな内容を話してしまいがちです。ですが、ここで本当の話を伝えても、企業に対して良いアピールにはつながりません。

前向きな姿勢をアピールするのが最大のコツ!!

Flower child 336658 960 720

ネガティブな転職理由であっても、それを元に「~のように自分を成長させたい」といったポジティブな発想に持っていけますよね。おそらく、あなたが転職を決め、新しい職場へと転職をしたいと思った理由がここにあるハズです。

一次面接では、なるべく前向きな姿勢を見せるようにしてください。転職の面接において、この前向きな姿勢こそがとても大切です。

転職の一次面接突破で落ちる人は基本マナーが出来ていない!失敗しないためには万全な対策を

転職の一次面接で落ちる人の共通点と、突破するための対策&コツについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職の一次面接では、ビジネスパーソンとしてふさわしいマナーや言葉遣いを身につけていることが大前提になります。そして、履歴書に書いた志望動機が本当かどうか、納得できるようなものなのかなど、人柄と合わせて意欲を見られています。

今すぐ出来る対策とコツを確認し、細かい部分まで注意しながら面接に臨むようにしてください。事前の対策が非常に重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職