ニーズが「高い」と「多い」の正しい使用方法

ビジネス, 言葉遣い

ニーズが「高い」はお客様の欲しがる強さを表現する

A

ニーズが高いというのは、一般的には強さを表現するときに使用します。お客さまのニーズが強いときには「ニーズが高い」、反対に弱いときには「ニーズが低い」とします。ニーズの強弱を表す表現として用いられるのが一般的です。

「ニーズが高い」の使用例

例えば、お客さまがどうしてもこの商品がほしいといった強い欲求がある場合には「ニーズが高い」という表現をします。そして、ニーズが高ければ高いほど買ってもらえる可能性は高くなります。反対に、商品をあまり必要としていない場合には「ニーズが低い」という表現をします。よほど工夫しなければ買ってもらえない状態を指しています。

ニーズが「多い」は商品を欲しがる数を表現する

ニーズが多いというのは、一般的には商品を欲しがるお客さまがたくさんいる時に使用します。商品を欲しがるお客さまが多いときには「ニーズが多い」、反対に少ないときには「ニーズが少ない」とします。商品を欲しがる数が、どれだけいるかを表す時に用いられるのが一般的です。

「ニーズが多い」の使用例

例えば、この商品を欲しがるお客さまがたくさんいるのは、世の中に需要が多いのと同じ意味になります。つまり、ニーズが多いと、世の中から求められる商品という意味になります。反対にニーズが少ないと、商品を欲しがるお客さまが少ないので、世の中に需要が少ないのと同じ意味となるのです。ニーズが少ないと、必然的に商品は衰退していきます。

ニーズは「高い」と「多い」はどちらも正解

ニーズは「高い」と「多い」どちらが正解なのかは、どちらも正解というのが答えとなります。ニーズが「高い」「多い」は、状況によって使い方が違ってくるのです。お客さまのニーズのどのような状態を伝えたいかによって、「高い」と「低い」を、使い分けると良いでしょう。

お客さまのニーズはとても重要で掴めた企業が生き残る

企業はいかにニーズを掴むかが重要です。ニーズをうまく掴めた企業が生き残るといっても過言ではありません。大切なお客さまの気持ちを汲み取りたいからこそ、「ニーズが高い」「ニーズが多い」などの言葉が飛び交っているのです。まずは、正しいニーズの使い方を覚えて適切に使いこなすのが大切です。

お客さまのニーズが強いと「高い」と言いたくさんあると「多い」と言う

まとめるとお客さまのニーズが強いと「ニーズが高い」、たくさんあると「ニーズが多い」と言います。もしも「ニーズが高くて多い」商品を発見できれば、売り上げは爆発的に伸びるでしょう。そのため、少々ややこしいながらも、ニーズが「高い」と「多い」という表現を使い分けているのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月15日転職