指導と教育の違いを知って優秀な部下を育てる方法

2017年12月15日指導, 教育

指導と教育の違いを知らないと育てられない

River 690374 1280

指導と教育の違いを知らずに部下や人材を育てようとしても、思うように動いてくれない、成長が見られないということが多いものです。違いを知らないままだと浅い考えのまま、指示や答えを言葉にしてしまうものです。受け手としての部下の成長度は、上司の姿や言葉を自然に手本とし、どんな指示を受けるかによって差が出ることを覚えておいてください。

指導と教育の違いの認識が必要

企業のため、そして誰よりも部下本人のために、役に立つ優秀な人材になってほしいと思っているなら区別しておかなければならないことなのです。学校で言えば読み書き、計算、企業なら基本的なルールや規制、皆が共通して認識しておかなければならないことを身に付けさせるのが教育です。一方、指導は相手によって受け止め方が異なり、それを踏まえてその人に合わせて導いていくことを言います。

立場で指導と教育の違いをフォローし合う

人材育成を考える時、マネージメントの立場にある人は指導と教育の違いによる役割の分担をすると効果的です。例えば新入社員や未経験者が職場に入ってきたなら、まずは企業の基本的なことを説明する教育者が必要です。できるだけ接点の多い直属の人が行うのがベストでしょう。その上でさらに指導担当者が、気づくためのヒントを与えるというようにマネージメントを行う人たちで部下の進捗をフォローし合うのが賢明です。

指導と教育の違いを知るチームが強い

指導と教育の違いを把握して役割分担をしていると、自分が積極的に質問したり、細かな作業や業務のことについて聞くのはこの人、さらに広い視点や視野が欲しい時に相談するのはこの人というように部下の中でも整理がつきやすくなっていきます。この流れが、部下自身のスキルや能力を育むだけでなく、一つのチームとして意思伝達をスムーズにするのです。

指導と教育の違いを使い分けで育てる

あなたが部下を持つ立場であれば、部下が行う日常の業務を一つ一つ見て、それぞれに指導と教育の違いに沿って示唆をしていかなければなりません。親切心から、または一生懸命になるあまりに1から10までを教えようとする人は多いものです。ただ、それでは部下の中で10が最大限になってしまいがちです。実はとてももったいないことなのです。基本以外の部分は受け取る人によって異なることを認識し、その人が生み出す、考えだすというスペースを指導によって与えることも必要なのです。

指導と教育の違いが部下の成長に直結するのでフォローし合う

指導と教育の違いをしっかりと使い分けていると、部下の成長に大きな影響を与えます。きっちりと細かく教えられることは基本事項として大切なことであると認識するでしょうし、質問されたり、大まかな視点が与えられたと捉えれば、自分で熟慮するチャンスとして業務を進めることができます。部下の能力を引き上げたいと思う時は、この指導するスタンスをどこで取るかの見極めが必要です。

指導と教育の違いは成長に直結して部下の進捗をフォローしあうのが大切

指導と教育の違いを把握していないと、上司として育てたいという熱意も、部下として成長したいという意欲も、受け取り方によってずれが生じることが多いです。うまく職場の中に浸透させるためにも、この基礎固めとしての教育と応用力として考えさせる指導の違いについて社内で話したり、特にマネージメント層では共有しておく必要があるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年12月15日転職

Posted by BiZPARK