二年目社員の教育法で新入社員とは異なり求められるもの

2019年8月6日二年目社員, 教育

二年目社員に求められるもの①:自覚と責任

A0001 016716

新入社員と違い二年目社員の特徴として、「仕事に慣れてきたこともあって中だるみしやすい」というものが挙げられます。すでに一年間の勤務実績や一定の成果を残していることが影響し、「自分は会社の役に立っている」と言う“錯覚”を起こしてしまう可能性が高いものです。しかし、実際には会社への貢献度と言う面ではまだまだ不十分な場合も多く、今後一層の精進が必要な状況です。二年目社員に求められるものである「自覚と責任」を持たせられるようなスタンスで教育し、より高いレベルで業務に当たることが出来るようなることを目指しましょう。

先輩としての自覚と責任を意識させる

・新入社員としてではなく、先輩社員として求められるものは何かを教える

・後輩社員に対して恥ずかしくない人材になることを説く

・まだまだ半人前であることを自覚させ、更なるレベルアップを促す

などの点を意識して教育していくことが大切です。

二年目社員に求められるもの②:考えて行動するチカラ

企業において価値のある「人“財”」とは、「自分で考え行動し、会社にとっての利益を創造できる人材」です。新入社員であればまずは会社(社会)になれるということが必要になりますし、業務に対する訓練に時間を使っても全く問題ありません。しかし、新入社員と違い二年目社員ともなれば日常的な業務は滞りなく消化できるようになっている場合がほとんどですので、そこからさらに「自分で何かを生み出す」という思考や行動が起こせるように教育していくことが求められるものです。

自分で考えて求められるものにたどり着く人材を目指す

・プロジェクトに参加させ、一定の役割を与える(そこが機能しないとプロジェクトの遂行に支障が出る)

・質問に対して答えを与えるのではなくヒントのみに留め、自分で答えを導き出させる

・仕事の本質について考えさせ、「なぜ」、「どうして」と言った思考をさせる

などの事を実践しつつ、「自分で考えて求められるものにたどり着く」ことが出来るような人材に育てていくことが大切です。

二年目社員に求められるもの③:将来を見据えた教育が必要

新入社員と違い二年目社員としてある程度の自覚や責任感が身についてくると、自発的に新入社員のサポートや先輩社員にアドバイスを求めるなどの行動をするようになってきます。しかし、それは将来的に部下を持つようになった時には当たり前のように必要になってくるものですので、その時のことを考えて「部下や上司との接し方(教育法)」などについても教え始めることが大切です。

本質を理解できる人材を目指す

・自分だけが理解しているものは本当に理解できていない(人に説明できてこそ本物)

・会社(組織)としての個人の重要性を正確に理解させる

・キャリアアップやキャリアパスについて理解を深め、今後に対するモチベーションを確保する

などの点を意識し、将来的に長いスパンで活躍できるような人材に育つような教育をしていくことが大切です。特に、「この仕事は何を求められているのか」、「それによってどんな結果が生じるのか」などの求められるものの本質を理解できるような人材にすることが二年目社員は新入社員と違って重要になります。

二年目社員は新入社員と違い先輩としての自覚と責任・思考力・本質を見通すチカラが求められるものとなる

以上が、二年目社員が新入社員と違い求められるものです二年目社員が新入社員と大きく違うのは、「会社に対して貢献していく必要性」の大きさです。新入社員であれば多少お荷物状態であっても許されますが、二年目社員は早々に一定の利益を生み出せる人材になってもらう必要があります。その為には、「自分が求められるものが何か」と言うことを正確に理解できるような思考を教え込むことが大切です。仕事の本質を理解させ、そこに生まれる必要性や重要性を正確に察することが出来れば、「自分は期待されている」とか「責任ある仕事を任せられた」と言った意識につながり、長いスパンでのモチベーションの維持にも期待が持てます。新入社員扱いが終わった二年目社員の方はこれらの求められるものについて意識し、仕事をしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK