新入社員でプライドが高いタイプを教育する際の3つの効果的な方法

2019年8月6日教育, 新入社員

プライドが高い新入社員の教育①人の話を聞く重要性を伝える

Grey crowned crane 540657 1280

プライドが高い新入社員の効果的な教育方法の一つ目です。研修や人材育成をするにあたって、人の話をよく聞くということは、とても重要なことなのです。特にプライドの高い人というのは、論理的な人も多いです。なので、その人の話を聞いてあげましょう。

人の話を聞く力は自分のためになると教育

プライドが高い新入社員には自分の答えも素晴らしいけど、他にも素晴らしい答えはあるかもしれない言ってみましょう。話を聞くことは、その相手の能力を引き出すきっかけにもなることなり、それが自分の能力にプラスとなります。それだけ、聞く力というのは、大事なことです。

プライドが高い新入社員の教育②積極的に声をかける

人の話や人の意見を聞き入れることがプライドが高い新入社員の効果的な教育方法の一つ目ですが、次は声をかける教育方法です。プライドが高い新入社員は、時間が経過するにつれチーム内で浮いてしまうことがあります。プライドが高い新入社員がそうなる前に、上司から声をかえるなどの教育を取り入れましょう。

プライドが邪魔してミス報告をしてない場合が

プライドが高い新入社員は、自らから相談にくることは稀です。こちらから声をかけていきましょう。プライドが邪魔をして、ミスを起した場合など自分で処理をしようとか、悪い場合には、そのミスを報告せずに隠そうとします。なので、そのようなことを防ぐ為にも接客的に声かけをしていきましょう。

プライドが高い新入社員の教育③仕事は共同作業と教える

Statue 424970 1280

最後は「共同作業の重要性」を伝える教育方法です。プライドの高い新入社員は、一人で仕事をしようとしがちです。上司は、共同で作業をすることを教え、時には励まして、新入社員があきらめずに最後まで仕事を終えるようにさせましょう。そんな時に受け身だけではダメなんです。

共同作業で柔軟さや役割分担を覚える

プライドの高い新入社員は合理的な考え方が多く、独特の世界感や価値観を構築している人が多い傾向にあります。こだわりや責任感が強い反面、頭が固く、柔軟な考え方ができません。ただし、仕事は共同作業の場面が多く、一人で完結することは多くありません。共同作業することで柔軟さや役割分担を覚える必要があります。

新入社員の高いプライドを傷つけない論理的な教育方法で

新入社員でプライドが高いタイプを教育する際の効果的な方法は参考になりましたでしょうか。プライドが高い部下の指導は、上司など教育係にとっては扱いが大変かもしれませんが、時には励まし、認め、自分がお手本を見せるなど、いろいろな手段を用いて教育し、社会に適応できる人材に育てるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK