女性のキャリアプランの具体的な立て方と例

キャリアプラン

キャリアプランとは仕事をする上で5年後・10年後を考えること

Cc library010010165

女性のキャリアプランは、年々変わってきています。就活の際は面接で聞かれる可能性の高い質問の1つですし、長年働いて仕事にマンネリしないように立てる必要があります。

キャリアプランとは、会社で働くうえでの5年、10年後、その後を見越したプランになります。「5年後はこの会社でこうなっていたい」「10年後は~」といったように、長い目で仕事をすることを考えた時に、明確な目標や目的に向かって頑張るためのものです。

女性のキャリアプランは結婚優先か仕事優先かで大いに異なる

男性の場合は出世欲があるので、「5年後」「10年後」のキャリアプランは立てやすいといえます。

一方、女性の場合は「5年後には寿退社したい」「結婚はせずに出世したい」など、この2つの意見で大いにキャリアプランが異なってくるのです。

しかし、正直会社が求めるのは、自身の結婚や出産ではなく「どんな成長を成し遂げて、将来を引っ張っていく気持ちがあるのか」という点です。

女性のキャリアプランの立て方とは?

Female 702961 640

実は、多くの女性がキャリアプランの立て方に悩んでいます。女性の中には、少なからずキャリアのゴールを「出世」ではなく「寿退社」と考える人もいます。

近年、その傾向は変わりつつありますが、どうしても「仕事」と「結婚」を繋げて考えてしまい、結果たどりつくのが「安定」や「残業なし」なのです。これではキャリアプランを立てるのが難しくなってしまいます。

30年後など遠くの将来像から逆算すると考えやすい

女性のキャリアプランにおいて、何を優先したいのか分からない、という方はたくさんいるはず。そんなときは、人生を逆算して考えてみてはいかがでしょうか?

年数は何年でも構いません。10年スパンでも30年スパンでも、未来の自身のキャリアプランを立てることが一番重要なのです。

例えば、

「10年後はこうなりたい、もしくはこんな生活をしているだろうな」

→それでは5年後、どうなっていないといけないのか?

→3年後は何をしなければいけない?

→今すべきこと・目標ができる

という流れになります。どうしても、先のことばかりを考えると頭が混乱するので、逆算すると、今やるべきことが出てきますよ。

5W1Hを充実させると立てやすい

キャリアプラン形成における5W1H

  • What:何を成し遂げたいのか
  • Where:どこでやりたいのか
  • When:いつまでにやりたいのか
  • Who:誰とやりたいのか
  • Why:なぜやりたいのか
  • How:どんな風に実現したいのか

女性がキャリアプランを考える上では、上記のように5W1Hを意識して、具体的に突き詰めていくことが重要です。目標や理想といったものは中途半端に決めずに、しっかり具体的に決めた方がキャリアプランも立てやすく、その通りにいきやすくなります。

プロと二人三脚で明確にするキャリアプラン

E2a1bef77e3342ce

結婚や出産といったライフイベントがある女性は、男性以上にキャリアプランを明確に描く必要があります。とはいっても10年先、20年先を具体的に考えるというのは決して簡単ではありません。

そこで活用したいのが「LiBz CAREER」。今までのキャリアを活かして働こうと考えている女性に特化した転職支援サービスのため、一人ひとりにあわせたアドバイスがもらえます。

今自分は何ができるか、これから先自分は何をしたいのか、自分一人では分からなくなりがちなことも、専任のコンサルタントと二人三脚で明確にしていきましょう。

女性のキャリアプランの例とは

Womens movement 511703 640

女性のキャリアプランは、個々で異なることがお分かりいただけたと思います。

それでは、具体的に働く女性はどのようなキャリアプランを立てているのでしょうか。次に、女性のキャリアプランの例をご紹介します。あくまでも例なので、参考程度に見ていきましょう。

女性のキャリアプランの例:営業職入社3年目の場合

今回の例は、10年スパンで考えています。

営業職、入社3年目の女性のキャリアプラン

■現在→契約件数アップ・アポイント電話を1日20本以上かける

→契約を取り、会社の売上を上げるため

■5年後→営業マネージャーとして活躍したい

まずは、社内1位の営業成績を目指す

■10年後→営業での経験を活かして新事業を立ち上げる

新事業の立ち上げに携わり、営業以外のことにも挑戦していきたい

女性のキャリアプランは遠くの将来像から逆算して考えよう

女性のキャリアプランの立て方と例について見てきました。女性のキャリアプランは、人生を逆算することが重要ポイントとなります。ほとんどの女性は、仕事と結婚を繋げてしまいがちですがキャリアプランは、「キャリア」なので仕事を中心に考えましょう。

▼おすすめの関連記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年1月19日転職