転職すべきか悩んだら?実践したい解決方法3つ

キャリアプラン

「転職すべきか」は誰でも悩んでしまうもの

Eye

転職が頭をよぎると、不安と期待から「転職すべきか」悩んでしまう人は多いです。しかし、この悩みは誰もが抱えるもので、自分一人が悩んでいるもではありません。先輩たちに相談するのも良いですし、自分で解決する方法もあります。ここでは、自分で解決するために、転職すべきか悩む際の対処法を見ていきましょう。

転職すべきかで悩んだら?①:メリット・デメリットを書きだす

Memo

仕事に不満を抱えると、転職すべきかどうか悩んでしまいますよね。転職すべきかで悩む際は、まず、転職によるメリットとデメリットを書きだしてみましょう。

「メリット」

・今の仕事から解放される

・職場の人間関係に悩まなくて良い

・フレッシュな気持ちで仕事ができる

・やりたい仕事ができる

「デメリット」

・仕事が見つからない

・給料が下がる

・これまでの経験が活かせない

・人脈を失う

このようにメリットやデメリットを書きだすと、本当に転職をしてよいのかの判断材料を手に入れられるでしょう。

自分にメリットがある選択をしやすくなる

メリットとデメリットを書き出せば、自分が本当に転職すべきかが少しずつ見えてくるでしょう。メリットがわかると転職への意欲が増しますし、デメリットがわかると残ってみようと思うかもしれません。転職するべきか悩んだら、このように利点と問題点を知って自分にどちらがメリットがあるのかを知るべきなのです。そうすると転職すべきかの選択がしやすくなるでしょう。

転職すべきかで悩んだら?②:理由を明確にする

Seminar 594125 1280

転職すべきかどうかで悩む際は、転職する理由を見つめ直すことをおすすめします。転職する理由を明確にすれば、自分の決意を再確認できるとともに「今の会社を続けることが本当にできないのか」を自問自答できるのです。明確な目的や夢があるのなら、今の会社を続けられませんよね。こういった自分の意思を確認すると、転職すべきか同課が見えてきます。

「何故今の会社にいてはだめなのか?」を明確にすべき

転職すべきか迷ったら、転職したい理由を明確にすべきです。しかし、ただ単に「なぜ」を追求するのでは足りません。今の会社にいるべきではない理由を明確にするのです。もし、今の会社でも実行可能な内容であれば、転職する必要はありませんよね。転職すべきかどうかで悩む際は「何故今の会社にいてはだめなのか?」を明確にすると、退職後に「やめなきゃよかった」と後悔することもなくなるでしょう。

転職すべきかで悩んだら?③:希望の会社の情報収集をする

転職すべきかどうかを考える時は、志望する会社や業界の情報を徹底して集めましょう。何故その会社が良いのかが見えてきますよ。夢やあこがれを頼りに、転職も可能ですが、転職後に「想像していたのと違った」とならないように注意が必要なのです。

情報収集をして自分の夢と隔たりがないかを確認する

転職セミナーや業界セミナーに参加する・実際にその会社や業界で働いている人から話を聞く業界紙を読んでみるなど、あらゆる手を使って情報収集を行ってください。転職すべきかどうかで迷う時には、頭の中だけ悩んでいても悩みは解決しません。転職の現実を知ることができ、転職を夢やあこがれではない、現実的な問題として考えることができるようになるでしょう。

転職すべきかで悩む際はメリット・デメリットを抜き出す・理由を明確にする・情報方収集をする

転職すべきかどうかで悩む際の解決方法を見てきました。転職の悩みは、「転職先に対する不安(給料、待遇面、業界の現実など)」と「転職活動に対する不安(失業中の生活、転職が成功するかどうかなど)」などに分けられます。この二つの不安を解消するには、転職によるメリット・デメリットを知り、転職しなくてはいけない理由を明確にしましょう。また、転職希望の会社の情報収集も重要ですよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職