社会人の髭に対するみんなの印象と許される業界

ファッション

社会人にとっての髭の生やし方に関するマナーとは?

Indian 627839 640

社会人の男性が仕事をする際に、身だしなみがしっかりしているかどうかという点は非常に重要。デスクワークのサラリーマンはまだしも、人前で仕事をするサラリーマンは、なおさら重要になってきますよね。

社会人ならば服装や髪型も、気をつけなければいけないのは当然ですが、男性で特に神経質になるのが「髭」です。髭は放っておけばすぐに生えてきてしまいますし、マメな手入れが必要です。社会人の場合、髭があるか無いかによって、印象は大きく変わってくると言えますね。

サラリーマンの髭の手入れは非常に大事なビジネスマナー!

例えば営業の仕事をしている社会人、接客の仕事をしている社会人は、基本的にはひげは完全にNGでしょう。

中にはOKというケースもありますが、その方が稀かと思います。逆に、社会人の中でもクリエイターなどモノ作りを生業とする人は、ひげはOKという職場も多いかもしれません。

もしくは無精ひげはNGであっても、きちんと整えているひげであればビジネスマナーとしてOKという場合もあるかもしれません。

就活中は印象を悪くしないために例外なく絶対に剃るのがマナー!

ビジネスマナーとしてひげを剃るべきですが、これは就活中においても同様です。むしろ就活中ならばひげに対して、サラリーマン以上にもっと神経質になるくらいがちょうど良いです。

先ほどもお伝えした通り、ひげは社会人にとっては清潔感を与えづらいもの。ですので、剃り残しがないようにきれいに剃りましょう。就活中であれば、企業へ行く際には出発前に必ずひげを剃るようにすれば、ビジネスマナーとして合格です。身支度にはひげ剃りの時間も含め、時間に余裕を持つようにしましょう。

世間の社会人は"髭"についてどんな印象を持っている?

意外や意外。社会人の髭に対しては、肯定派と否定派ですっぱりと分かれました。

この意見の食い違いは業界の違いにあるようです。比較的自由度の高い業界で働くサラリーマンの中には、業務に支障がなく、周囲と調和がとれていればOKと考えている人も。逆に、堅い業界・会社で働くサラリーマンは、髭をNGと見る事が多いようです。

社会人が髭を生やすのはNGだろう派の意見

社会人の髭NG派の意見として、

「普段からカジュアルな服装で働く業界の人であればまだ許せるものの、仕事でスーツ・ネクタイを着用しているサラリーマンであれば髭はナシ。」

「あらゆる世代の誰から見ても不快に感じさせないことがサラリーマンの鉄則」

という声が聞かれました。髭NGの人としては、仕事をする場で、サラリーマンが相手に清潔感を与えない時点でビジネスマナーとして却下という意見が多いようです。

社会人が髭を生やしていてもOKでしょう派の意見

一方、社会人の髭OK派の意見として、

「仕事中であれサラリーマンであれ、自分を演出するのは自由」、

「クライアントやお客様から苦情が来なければ別にサラリーマンでも髭はOKなのでは?」

という意見も見られましたが、いずれもデザイナーやクリエイターといった特殊な仕事をする方々ばかり。ビジネスマナーとしての髭は、やはり業界によって賛否が分かれますね。

サラリーマンが髭を生やしてもOKな業界・職業・会社とは?

仕事中であっても自分を演出するのは自由という人、お客様や取引先から苦情が来なければ髭はOKなのでは?という意見も見られましたが、実際にサラリーマンが髭を生やすのが大丈夫な職場や業界とはどんなところなのでしょうか。

サラリーマンでも髭OKな業界はIT・芸能界・クリエイティブなど

サラリーマンでも、髭を生やしていてOKな業界・職業と言えば、IT業界・芸能界・デザイナーなどのクリエイティブ業界などの華やかな業界が多いです。

髭を生やしていても仕事に差支えない、むしろ髭を自己表現、自分の個性を表現するツールとして活かせる業界が、特に髭を問題視しないようです。一方で、そういった業界でないと、サラリーマンが髭を伸ばすのはやや難しい印象です。

サラリーマンが生やす髭の印象は各会社の方針によって異なる

もちろんひげが、OKかどうかは会社の方針による所が大きいので、トップの意向により、そうした仕事でもひげがNGの会社もあります。どちらの場合でも整えたひげと、無精ひげでは、相手に与える印象は大きく違うという事を覚えておきましょう。

髭も含めてサラリーマンにとって自由な社風の企業が増えている

最近は、ひげに対して不潔・ずぼらという意見だけでなく、きちんとひげを手入れしていたら、OKな企業も増えてきています。会社やその人にとって、ひげを生やすことが正しい身だしなみであれば、それは"正しいビジネスマナー"になり、何ら問題ないのです。

社会人の髭は業界によってはOKだがそれ以外の場面ではマナー違反になる事が多い

基本的に、ビジネスマンは髭を生やさない方が良いようです。

ただし、業界や職業によっては髭があってもOK。肌が弱くて髭を生やしたいという人は、会社と相談してその業界や会社のビジネスマナーから逸脱しない程度に髭を生やし、清潔に見えるようにきちんと整えてみてはいかがでしょう。

男性の皆さん、髭の有る無しで仕事に影響が出ないよう、身だしなみには気を遣ってくださいね。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス