海外出張の際に必要になるビザについて

ビザ, 海外出張

海外出張の際には期間によってビザが必要になるので要確認

Frog 897420 1280

海外出張のビザは、2週間以内程度の短期のビジネスもきてきであれば、ビザなしで入国できるのがほとんどです。また、ビザが必要な国でも観光ビザで入国できるケースが多々あるでしょう。しかし国によっては、ビジネス目的の海外出張は就労と見なされてビザを必要としますから、事前に渡航先国の在日大使館、またはホームページなどで確認をするのが無難です。

海外出張のビザについては電話またはホームページで情報を集めよう

海外出張でも比較的短期の2週間以内程度であれば、多くの国に観光ビザで入国できます。しかし、そうではなく、例え短期間でもビジネスでの出張にはビザを必要とする国があります。詳しいことは渡航先国の在日大使館あるいは領事館に問い合わせが必要で、この場合は電話でもOKです。また、インターネットのホームページでの確認や情報収集も可能です。

ビザの書類申請や審査には時間がかかるので注意しておこう

海外出張のビザは基本的にビジネストリップですが、観光ビザで代用できる国とそうでない国があります。そうでない国の場合、短期の出張でも就労ビザを必要とします。この場合は、観光ビザ取得よりも手続きが長くなることがあります。これはビザ取得の際に、現地からの招聘状、現地での日程表などの書類を揃えるのと、その審査に時間がかかるからです。したがって、この場合はビザ発給に要する日数を考えておく必要があります。

海外出張時のビザ申請は在日大使館や領事館で行う

海外出張のビザ申請は、通常の場合渡航先国の在日大使館もしくは領事館の窓口になりますが、事前の通知なしで手続きや規定が変更になることがあります。したがって海外出張のビザ申請に関する最新情報をあらかじめ確認する必要があります。就労ビザの場合は、手続きやそれに要する書類の整備が複雑になります。また、パスポートの残存有効期間に関する条件は渡航先の国により異なります。

ビザ取得に必要となる書類は多いのでよく確認しておく

海外出張のビザを申請して取得するためにはいくつかの書類が必要になります。それは、パスポート、査証申請書と写真(1~3枚)、会社の推薦状、英文経歴書、無犯罪証明書や健康診断書、戸籍抄本もしくは戸籍謄本、そして予防接種証明書などです。なお、証明書類などは該当する機関から発行してもらいます。実際のビザ申請先は渡航先国の在日公館ですが、旅行代理店への代行も可能です。

ビザの発行に厳しい規制を設けている国もあるので気を付ける

海外出張のビザ取得は通常はそれほど難しくはありません。ただし原則としては、例え短期間でも海外出張は就労と見なされることがあります。また、ビザを必要としない国でも出張期間が長い場合は、渡航先国の規定適合したビザが必要になります。ちなみに、最近は国際テロリストおよび不法入国者や不法就労者対策が徹底してきて、ビザの申請・取得に厳しい規制を設けている国が多く、特に就労ビザの取得は厳しくなっています。

海外出張時のビザ取得は期間によって必要になり在日大使館や領事館で行える

海外出張のビザは通常の場合、観光ビザで代用することができますが、最近はご時世もあって各国ともビザの発給条件が厳しくなっているのが実状です。例え短期間であっても海外出張はビジネスなので、観光ビザは利用できても好ましいとは言えません。したがって、とりあえずは観光ビザを取得しますが、就労ビザが必要になるケースが増えていますから、ビザ申請・取得に詳しい旅行代理店に代行を依頼することが必要な場合があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス