企業倫理を体現する標語の例一覧

2016年11月29日標語

企業倫理は社会の中で経営を行うための考え方

Lgf01a201403120900

企業倫理とは、企業にとってのスローガンです。そのため長々とした説明よりも、企業の意見や意思などを簡潔な言葉で表した標語にすることが推奨されています。企業倫理は企業が社会の中で経営を行うのに必要な倫理です。そのため企業倫理が守られずに崩れてしまうと、企業中の雰囲気も悪くなるだけでなく企業が不祥事を起こすことにもつながります。

企業倫理は標語を用いた分かり易い例にする

企業のスローガンである企業倫理は分かりやすい例になる言葉を選ぶ必要があります。聞いたときにどのような意味なのか分からなければ従業員に企業倫理が浸透しなくなってしまいます。社員個人による違法行為などが社会を揺るがすような事件になり、企業の責任が追及される時代ですから、従業員に法令を順守させることが大事になってきています。

企業倫理を標語で作った例:「自分を見つめチェックする」

企業倫理は難しいことを並べ立てるものではなく、当たり前のことを簡単にうたうものです。例えば「自分を見つめチェックする」といった非常に単純であり当たり前のこと、それだけに大事なことを掲げます。こうした簡単でわかりやすい企業倫理を従業員間で共有することによって、社員の不正や企業の不祥事を防ぐことになります。

標語は基本的に5・7・5の書式で表す必要がない

企業倫理というと、5・7・5で作っていることから、標語=5・7・5と勘違いしている人が多くいますが、標語と5・7・5の書式は別のものです。標語はあくまでも意思などを簡潔に表した言葉であり、5・7・5の書式で表すものではありません。

5・7・5と標語の組み合わせ例は分かりやすいのでよく使われる

しかし、5・7・5という俳句、川柳の書式は、人に思いを伝えるときにわかりやすいという特徴があります。5・7・5と標語を組み合わせて企業倫理の例を考えてもよいでしょう。

炎上を防ぐためネット上の企業倫理を標語で表す例も増えている

最近ではパソコンがない企業というのはほとんどありません。またインターネットに接続していないという企業も珍しい状況です。インターネットの利用方法について企業倫理を守らない従業員の不祥事の例が増加してきています。そこから、企業によってはツイッターやフェイスブックなどのSNSといったプラットフォームについても注意する企業が増えているようです。

企業倫理を標語事例から参考にするケースも

企業倫理を5・7・5で表したものや標語で表したものなど、企業倫理についてはインターネット上に事例集などを作成するときに参考にするとよいでしょう。またインターネット上にはコンプライアンス標語自動作成ツールなどを取り入れたい言葉を上げたら、そのようなツールを利用して企業倫理を作成し、言葉の並べ方が組みあわせ方などを参考にしてもよいでしょう。

企業倫理を浸透させるため標語として募集する企業の例が増えている

企業倫理は従業員すべてで共有する必要のある倫理感です。経営者が一方的に作るだけでなく、企業によっては標語を使った企業倫理を社内で募集する例も増えているようです。実際に現場の従業員が考えた標語による企業倫理は、従業員たちの理解を得て採用されることも多くあるようです。また企業によっては.企業倫理標語ポスターなどの制作をしている例もあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK