コンセプトシートが簡単に作れる例文とテンプレート特集

コンセプトシート

分かりやすい企画書の作り方のコツとは?

Pak85 deskshiryou20131223500 thumb 750x500 4019

企画書やコンセプトシート作成に使えるテンプレートと例文を見ていく前に、まずは分かりやすい企画書やコンセプトシートのコツを掴みましょう。このコツはワンシートで収める場合にも必要になってくる要素です。

コツ①:もっとも伝えたいテーマを最初に提示

企画書やコンセプトシートを作成する1つ目のコツは、もっとも伝えたいテーマ(商品案や改善案など)を最初に提示して、後からその理由や経緯を説明していくことです。その際に大事なのは、「説明が伝えたいテーマからぶれない」という点です。

コツ②:テーマの邪魔にならないシンプルなデザイン

2つ目のコツは、とにかくシンプルデザインで簡潔に、正確な言葉づかいを徹底する点です。企画書やコンセプトシートでは、確かに図式や装飾も必要ですが、テーマを伝えるために不要なものなら極力削除した方が見やすくなるでしょう。

企画書やコンセプトシートに盛り込む内容は6つ↓↓↓

企画書やコンセプトシートは指定がない限りはワンシートで収めるようにしましょう。盛り込む内容は以下の6つです。

■企画タイトル:

企画する商品や施策の内容

■企画目的、企画意図:

なぜその企画を発案したか(必要性を感じたか)

■企画概要:

企画の詳細な内容。コンセプトや対象者、競合など

■予算:

いくらの予算を見込んでいるか、初年度の売り上げ見込みなど

■スケジュール:

企画を進める際のタイムスケジュール

■資料:

参考となる外部の資料

企画書やコンセプトシートのワンシートの例文

Typewriter 801921 640

まずは基本的な企画書やコンセプトシートのワンシートの例文を見ていきましょう。企画書やコンセプトシートの中に盛り込むべき内容や終わり方を理解して、実際の企画書やコンセプトシートのワンシートづくりに活かしてください。

企画書例①:新商品のネーミング

【XXXX株式会社 商品XXXネーミング開発企画】

●1.ネーミング開発企画

■ターゲット

メインターゲットはXX代以上のXXXX周辺はXXX層。可処分所得の高い有料の顧客が多く、XXXXX等に注目している方も多い

■商品コンセプト

’日本を強く!’

■商品の特徴

・従来のXXXXXとは違い、こだわりのXXXXを追求

・日本の四季折々が感じられる

・日本が歩んできた道を再認識できる

●2.基本コンセプト  

「サムライここにあり」

●3.実施方法

基本コンセプトから、各部署より候補を集う

・1次選考

複数の選考案から当社HPにて高感度アンケートを実施

・最終選考

●4.スケジュール

■別途資料添付

・添付資料

・スケジュール表

企画書例②:新雑誌創刊

【フリーペーパー情報誌『XXXXXX』刊行企画書】

弊社フリーペーパー情報誌『XXXX』刊行について企画いたしましたので、ご検討下さい。

■企画の趣旨

弊社の理念やイメージを広くアピールし、定着させることが重要であると考え、

情報誌を通して弊社の案内や新製品情報などを提供しその効果をはかる。

■フリーペーパー情報誌『XXXX』の概要

・内容:

弊社の案内、XX

やサービスの情報、その他生活や娯楽情報などの情報発信

・仕様:

XXページ XX版カラー 週刊

・配布方法:

店頭配布、各駅設置、PCダウンロード

・発行:

創刊号 XXXX部(予定)

・日程:

創刊号をXX年XX月に発行予定。XX月中に編集スタッフの選任を行い、

XX月X旬を目途に第一回会議を実施し、具体的な内容について協議・決定する。

■予算案

・編集費:XXXX円

・印刷代:XXXX部×XXX円=XXXXXX円

・その他経費:XXXXXX円 計:XXXXXX円

なお、同企画書とともに、XXX株式会社とXXXXX株式会社のフリーペーパー情報誌を参考資料として添付いたしますので、ご覧下さい。

以上

企画書やコンセプトシートが簡単に作れるテンプレート

分かりやすい企画書やコンセプトシートのワンシート作成のためのノウハウとしては、テンプレートを使うのも良い手段です。最近は凝ったレイアウトの企画書やコンセプトシートのテンプレートがネット上でダウンロードできるようになっています。パワーポイントやワードの複雑な操作に慣れていない人には心強い味方ですね。

Children 593313 640

Microsoft Officeテンプレート

マイクロソフト社のoffice公式サイトにあるテンプレートは、初心者にも安心感があり、使いやすいでしょう。

さまざまな用途別のテンプレートがありますので、目的に合わせて選べて便利です。

企画塾「無料テンプレート集」

企画書の達人とも言われている高橋憲行氏が主催する“企画塾”の無料テンプレート集もおススメ!

大変汎用性の高い1枚ものの企画書のテンプレートが豊富です。

企画書やコンセプトシートだけでなく、日々の仕事に役立つイメージマップなどもあります。

ひらめきエキスパート「無料テンプレート」

経費削減の「ecoなび」が提供しているビジネステンプレートの無料ダウンロードサイト。

テンプレートを使用することで間違いや無駄をなくし、オフィスの経費を削減できる!というコンセプトが地球に優しくていいですね。

細かくカテゴリー分けされたテンプレートも使いやすくて便利です。

企画書やコンセプトシートは使える例文やテンプレートを有効活用しよう

パワーポイントやワードを使いこなして分かりやすい企画書やコンセプトシートをワンシートで作ってみたいと思っても、一から作成するには手間と技術が必要ですよね。時間は有限ですから、その技術習得に時間を割くのなら、テンプレートをダウンロードして、一つでも多くの優れた企画書を世に送り出してください。作り方が分からなくて苦戦している人はこのような例文を有効活用しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月5日ビジネス