遅刻癖がある人の特徴と改善する方法

遅刻

遅刻癖がある人にはいくつかの特徴がある

C

プライベートの約束や取引先との待ち合わせなどにおいて問題となるのが、「遅刻癖のある人」です。取引先によっては一度の遅刻で大きく信用を失いかねませんし、たとえ友人でも何度も遅刻を重ねれば仲が悪くなるでしょう。そんな遅刻癖のある人には、実はいくつかの特徴があるのです。以下でご紹介します。

遅刻癖がある人の特徴①:計画性がない

大事な場面でも遅刻してしまいがちな人に多い特徴として、計画性のなさが挙げられます。「会う」という結果的な部分ばかりを意識して、時間や行動に対しての計画を練りません。その結果、早起きする前日に夜更かしをしたり、身だしなみに時間を費やしすぎたりしてしまうのです。

遅刻癖がある人の特徴②:待ち合わせ自体が嫌

2つ目の特徴として、その待ち合わせ自体が嫌というケースがあります。取引先の人や友人が苦手だったり、待ち合わせ場所に嫌な思い出があったり、などです。そういった気持ちがあると準備などもだらだらとしてしまい、遅刻しやすくなります。

遅刻癖がある人の特徴③:楽観視している

3つ目の理由には、楽観視が挙げられます。「この電車にさえ乗れば間に合うだろう」「このくらいなら大丈夫だろう」という思いから、物事を軽く考えているケースです。その結果、不測の事態などに対応しきれず、遅刻してしまうのでしょう。

遅刻癖を治すには?知っておきたい改善方法

しみついてしまった遅刻癖は、治そうと思ってもそう簡単に治せるものではありません。そこで遅刻癖のある人が試したい改善法は、以下の3つです。

①時計を早めておく

②遅刻した場合に自分に罰を与える

③しっかりと睡眠をとる

特に①の時計を早めておくのは有効です。5分早めておくだけでも余裕ができるので、遅刻の可能性は大幅に減ります。また、③の睡眠をとる方法も大切といえるでしょう。遅刻の原因として多いのは、寝坊だからです。これらを意識して、遅刻癖の改善を目指しましょう。

自分に合った改善方法を見つけて遅刻癖を治そう

遅刻癖がある人には「計画性がない」「楽観的」などの、様々な特徴があります。しかし、特に社会人になってからの遅刻癖は治さなければ、ビジネスマナーとしてアウトです。友人間にしてもビジネスにしても、社会的な信用を失えばかなりの痛手となるでしょう。改善方法はいくつかあります。自分に合ったものを見つけて、遅刻癖を治してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス