【違いは何?】降格と降任の対象者と内容に関する基礎知識

降任, 降格

降格と降任の対象者の違い

降格と降任に関しては、対象者が違います。まず、降格は一般企業において等級を下げる意味が含まれています。降任に関しては、主に公務員が下の地位に落とされる場合に使用されます。

どちらも意味合いは同じですが、具体的な対象者が違います。一般企業で使用される場合には、降格と同義として使用されます。

会社によっては降任を使うところも

基本的に降格と表されますが、会社によっては降任と表します。実際に行う内容に違いは無いので、どちらを使用しても法律的には問題はありません。

しかし、降格が世間で馴染んでいる以上は、降任は使用しないことが望ましいとされています。任を降ろされるということで、チームリーダーを単に交代する際などにも使用されます。

降格と降任における内容の違い

降格は、等級を下げることによって給与の減額が伴います。会社の人事考課によって等級が変更となり、人事考課を行う理由は定期的な評価と給与の見直しです。

つまり、降格して等級が下がるということは、会社からの評価が下がると共に給与が減額されることになります。

では、降任の内容とはどういった違いがあるのでしょうか。

公務員における降任にも減給はある

公務員の場合であっても、降任されることになれば給与の減額が行われます。給与の面では降格と違いはなさそうです。

しかし、降任の場合は別の部署に移らず、同じ部署内で別の役職に就きます。降格の場合には、別の役職への異動が伴う可能性があるので、本人への負担が大きくなる場合があるといった違いがあります。

降格、降任それぞれの処分が行われる理由

降格処分が行われる理由としては、その地位を任せる為に必要とされている能力が無い場合に行われます。また、会社規程において違反を犯したことによる懲戒処分の際にも、降格が行われる場合があります。

降格に関しては、等級が下がるだけで具体的に仕事内容が変わらない場合もあるので、配置転換が原因で降格されることは少ないです。

では、降任はどうなっているのでしょうか。

降任における処分の原因は能力によるところが大きい

リーダーの任を解かれるとして、降任する場合などもあるので、降格の処分の原因に加えて仕事進めるに当たって問題が出てきて、それを解決する能力が無かった場合が挙げられます。

リーダーは毎回の仕事に合わせて変わることが一般的なので、実際にリーダーをしてみて能力にそぐわないことがわかれば降任となります。

対象者に違いがあるものの降格も降任も基本的な内容は同じ

降格も降任も基本的な内容に違いはありません。しかし、一般企業で言うところの降任は、リーダー職を解かれるなど、大きな変化が見られない場合もあります。

降格と同じ意味合いで使用されている場合には、降格の様に等級が下がるだけではなく、役職を降ろされる場合に使用されることもあります。会社によって定義が違います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職