電話の切り方で注意すべきビジネスマナー3つとフレーズ集

電話の切り方は重要なビジネスマナーの1つ

6992e68e9775dfcb9947b50db80ceb19 s

電話の切り方一つで、本人はもちろん会社のイメージも変わってしまう事があります。

電話をかけてきた人にとって、唯一の繋がりとなるのが電話を対応する人であるという事を忘れてはいけません。自分の対応が「会社を代表する」という意識を常に持っておいてください。

特に、電話の切り方は重要で、案外「ガチャ切り」をしてしまう人が多いようです。電話の切り方は大切なマナーの一つという考えの基、無意識に対応を行うことは止めましょう。

電話の切り方マナー①:切る前の挨拶

切る時の挨拶についてですが、電話を切る前に相手に電話を切るタイミングが分かるような挨拶をすることによって、突然電話を切られた、つまりガチャ切りされたような失礼な印象を持たれる事を予防できます。

電話を切る時の挨拶のマナーとはどんなものなのかしっかりとポイントをおさえておきましょう。

電話を切る前に挨拶をするのが基本

電話を切るときのマナーとしての「挨拶」は非常に大事です。

電話というのはどうしても、声だけで判断されてしまうものになりますので、言葉遣いなどは特に注意が必要です。

電話をかけた場合でも、かかってきた場合でも、

「お忙しいところありがとうございました」

「どうもありがとうございました」

「よろしくお願いいたします」

「失礼致します」

という言葉で締めると好印象で良いでしょう。この一言があるだけけで、大きく印象が変わるのです。

電話の切り方のマナー②:切る時のタイミング

次に、電話の切り方のマナーとして重要な「タイミング」のポイントを紹介します。

電話を切る時のマナーとしてかなり大事です。タイミング次第では、相手に対して不快感を与えてしまいかねません。

電話の切れる音は決して気持ちのよいものではありませんので、相手が電話を切ってから切るのがマナーです。

「電話をかけた側が先に切る」のがマナー

せっかく最後まで良い電話対応をしていたのにもかかわらず、電話の切り方1つで印象を悪くしてしまってはもったいないです。

電話の切り方が雑だと、「この人、感じよく話してくれたけど本当は面倒くさがっているのかな」と思われても仕方ありません。最後の最後まで気を抜かず、できれば「相手が電話を切るまで待つ」ということを徹底した方が良いでしょう。

ただし、相手も同じようにマナーを知っている時、タイミングが合わないなんて事もあります。

この場合においては、電話を掛けた方が先に電話を切るのがマナー。

もちろん掛けられた方は、相手が電話を切ったことを確認してから切るように心がけてください。

また、どうしてもお互いに切るに切れない場合は「どうぞ先にお切りになってください」と、ひとまず譲るようにしましょう。

電話の切り方のマナー③:長電話を終わらせる際のポイント

電話の切り方の一般的なマナーを紹介しましたが、電話を切る際にも困るポイントがあります。

取引先の担当者とつい話が盛り上がってしまった!

「でもあんまり長話はできない、そろそろ切りたいな……。」というような時、はどのように切るのがいいのでしょうか?

そんな場面で役立つフレーズ集を集めてみましたので、参考にしてみてください。

Speak 238488 1280

電話を切りたくても切れない時に役立つフレーズ集

■「恐れ入りますが、このあと約束がありますので」

■「すいません。ケータイの充電が切れそうなので」

■「すいませんが、トイレに…」

■「電波が悪くて…。」

■「来客がくるのでそろそろ…」

■「会社からキャッチが入ったので・・・」

電話の切り方としては「かけた側が先に切る」というのがマナー

電話の切り方次第で相手に与える印象が変化します。

丁寧な対応をした電話でも、最後の最後で切り方が悪かったために相手に悪い印象を持たれてしまってはビジネスチャンスを得ることはできません。ビジネスマナーを守った電話の切り方を実践してチャンスを掴みましょう。

その場次第で、臨機応変な対応を取る必要がありますが、基本的には「電話を掛けた側が先に切る」ということを頭に入れておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネスマナー