クレープを綺麗に完食できる食べ方のコツ

2016年12月12日作法

クレープの食べ方のコツ①:紙を上手に剥ぐ

A

クレープの綺麗な食べ方としては、「紙」を上手に扱うのがコツです。実はあの紙が邪魔で、クレープをうまく食べられないと感じている人は少なくありません。クレープの柔らかさを守るために、一般的な紙よりも厚く強度のある紙を使用しているため、逆に食べにくさに繋がっているのです。

完全にクレープを露出させて口に入れる食べ方をする

綺麗なクレープの食べ方としては、紙を上手に扱うのが大事です。食べやすいところまで紙を剥いで、完全にクレープが露出した状態で口に入れる食べ方をしましょう。その際、下の方にソースやジャムが溜まってしまい、それが隙間から漏れ出して大惨事となる場合があります。ですので、傾きを大切にするのも食べ方のコツとなるのです。

クレープの食べ方のコツ②:引っ張り出す

クレープの食べ方としては、食べる分を引っ張り出して口に入れるのもコツです。まずはクレープの包み紙で、端の三角形になっている部分を少し破きます。前述したようにクレープの紙は強度があるので、この破きやすい場所を見逃さないようにしましょう。そしてクレープを出しやすくして、食べる分だけ引っ張り出すのを繰り返す食べ方をしましょう。

押し出して食べての繰りかえしが基本の食べ方

クレープは紙から食べる分を出して、食べ終わったらまた押し出すのを繰り返す食べ方が大事です。紙に半分隠れた状態でかぶりついたりすると、クレームやジャムなどの具がはみ出てしまった上に零れてしまう危険性があります。口の大きさに合わせてクレープを少しだけつぶし、具を押し上げるようにする食べ方が良いのです。

フォークやナイフを使用するクレープは食べ方に困らない

クレープと言われて連想するのは、移動式のカーショップなどで販売されている紙に巻いたものでしょう。メジャーなクレープはそれですが、中にはフォークやナイフを使用して食べるクレープもあります。カフェやレストランなどで、お皿に乗って出てくるタイプです。このタイプのクレープは、具材が出るのをそこまで気にしなくて良い分、食べ方にも困らないでしょう。

中身が飛び出さないように食器を駆使した食べ方をする

お皿に乗った状態で出てくるクレープは、上で巻いたクレープよりも食べ方に困らないので楽です。ただしその分クレープ生地が薄く、フルーツやクリームなどがたっぷり入っている場合が多い傾向にあります。そのため、ナイフやフォークをうまく駆使した食べ方をしないと、中身が出てきてしまうのです。そうなってしまえば生地ですくいとりにくくなってしまうので、気を付けてください。

クレープを食べる際は紙を綺麗に剥いで繰り返し引っ張り出す食べ方がコツ

クレープの食べ方は、ちょっとしたコツを意識するだけでかなり変わります。あとは、食べやすい具材を選ぶのも重要です。店によってはクリームの量を調整したり、生地を厚めにしてもらえたりできます。特に綺麗に食べたいイベントの時や外を歩き回るような日は、食べやすいクレープをセレクトしましょう。そして食べ方に気を付ければ、綺麗に完食することが可能なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月12日ビジネス

Posted by BiZPARK