店舗見学レポートの企業が求める基本的な書き方

2017年7月21日店舗見学

店舗見学レポートとは小売業界で店舗を視察した際に書く書類

Control 427510 640

小売業の企業に就職した新入社員の多くは、実際にその企業の複数の店舗を訪れて、店舗見学レポートを企業に提出するように求められます。これは、実際に店舗を視察することで、企業へ入社した後のビジョンを明確に持ってほしいという、企業側の意図があるからです。同時に、消費者目線に近い意見を取り入れられることを、期待している企業もあるようです。

店舗見学レポートのチェックポイントは清潔感など

店舗見学レポートには、業態や業種を問わずに企業が基本的にチェックしたいポイントと、専門的に必要な要素に分かれます。まず基本的に共通するチェックポイントとしては、店舗が清潔感や整理整頓されているかどうか、商品がキレイに陳列されているかどうかなどが上げられます。専門性では、従業員が商品の説明を的確に行えているかどうかをチェックします。

店舗見学レポートは所定の用紙を用いる必要がある

店舗見学レポートの企業への提出を求める際には、企業から所定の用紙を渡されることが多いです。データで支給された場合は、パソコン作成で構いませんが、手書きの場合はボールペンで清書して企業に提出するのが基本です。白紙の状態でコピーをとっておき、後で清書できるようにしておくのが基本です。また、所定の枚数内で書ききれるように、内容も精査しておくのも基本です。

コンパクトにまとめるために内容を精査するのが基本

所定の枚数内で、コンパクトに情報をまとめた店舗見学レポートを書いて企業に提出するためには、あらかじめ要点をまとめておき、内容が重複しないようにしておくのが基本です。店舗の客層や商品構成、清掃や陳列の状態、従業員の接客態度など、必要な項目別にポイントを書き出します。これらを羅列するのではなく、組み合わせて書くと、文章構成がしやすいはずです。

店舗見学レポートは書き出しが大切

店舗見学は、勤務時間内に従業員の方の時間を割いて行われるものです。だからこそ、店舗見学レポートの書き出しは、敬意を払った内容であるべきです。「今回、店舗を見学させていただき、店内がとても清潔に保たれていて、必要なものがわかりやすく陳列されている印象を受け、企業イメージは見た目の印象とつながることを再認識しました」など、相手の良さを強調しましょう。

結び方も店舗見学レポートの肝となる

同様に、店舗見学レポートは結び方にも謝意が感じるようにするのも基本です。「この度はお時間のない中、訪問させていただき、誠にありがとうございました。ここで学んだことを生かして、今後はより一層がんばりたいと思います」など、仕事に対する意欲を感じさせる文章でしっかりまとめると、研修の甲斐があったと評価されるはずです。

店舗見学レポートの企業が求める基本的な書き方は指定の用紙に書き出しと結びをきちんと記載すること

店舗見学レポートの企業が求める、基本的な書き方を紹介してきました。新入社員の店舗見学の基本は、勤務先の良いところを学び、吸収するという視点で参加することです。店舗見学レポートの中で、見学先の粗探しをする必要は、基本的にありません。そして、勤務時間中に協力してくれた店舗のスタッフの方に対して、敬意や謝意が感じられることが大切です。その点を意識して、店舗見学レポートをまとめるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年7月21日ビジネス

Posted by BiZPARK