店舗見学レポートの書き方の基本3つ

2016年11月29日レポート, 店舗見学

店舗見学レポートを書くときは基本を大切に

Signature 962355 640

店舗見学後にレポートを書かなくてはならない事が分かっているのであれば、レポートに書く内容はしっかりと抑えて見学したいですよね。その前に知っておきたいのは、レポートの書き方の基本です。レポートでは目標を立て、その目標にそって文章を作成していくのが基本の書き方なのです。

店舗見学レポートの書き方の基本①:「導入→本文→まとめ」の構成を守る

それでは1つ目の基本を紹介します。レポートでは目標を立てるという話をしましたが、基本的なレポートの書き方は、「導入」があり「本文」があり「まとめ」があります。店舗見学レポートであれば、導入部では「今回の店舗見学で~~を学ぶ」などといった目標を立て、本文で、実際に知った事や事実を書きます。

導入とまとめは対応させること

そしてまとめで、本文を元に、導入で立てた目標を達成したかを書く、という書き方があるのです。つまり、導入とまとめは対応させる必要があります。導入とまとめを対応させれば、見ている側からも見やすくなるでしょう。

店舗見学レポートの書き方の基本②:読み手を意識して作成

それでは2つ目の基本事項を紹介します。店舗見学レポートを書く前に、レポートの文章の書き方について一つ気を付けたい点があります。それは、文章を漠然と書くのではなく、読み手を意識して書くという事です。店舗見学レポートを書く以上、それを読む人がいるわけですから、その人にとって読みやすく理解しやすい内容になっている書き方をしないといけません。

5W1Hを意識すれば相手に理解しやすくなる

これは店舗見学レポートの時以外でも使える書き方なので、ぜひ覚えておいていただきたのですが、文章を書くときに5W1Hを意識すると、読み手にとって分かりやすい文章を書く事が出来ます。ですので、店舗見学レポートの書き方も、いつ、どこで、だれが、どうして、なぜ、なにをした、という情報が分かるように書くと良いですね。

店舗見学レポートの書き方の基本③:客観的な視点から記載する

店舗見学レポートを作成する際、その内容が店舗見学の感想文にならないように、書き方に十分注意する必要があります。レポートとは、見聞きした内容(事実)をもとに、「これをしたからこういう結果が出た、その結果これを学んだ」という書き方をするものなのです。また、導入で目標を決めているので、「AをしたらBという結果が出ると思う、~~を学ぶ」等の目標に着地するようにレポートの書き方を考える必要があります。

感想はまとめに少しだけ盛り込もう

当然ながら実際に店舗見学をしたわけですから、感想を持つのは当然です。書き方としては、店舗見学レポートの中のまとめ部分に、感想のボリュームが大きくなりすぎないように気を付けて盛り込むようにすると良いでしょう。誤字脱字が無い事も最後に確認して下さい。

店舗見学レポートの書き方の基本は「導入→本文→まとめの構成」「読み手を意識」「客観的な視点で書く」の3つ

ここまで、店舗見学レポートの書き方の基本を3つ紹介してきました。レポートは感想文ではありませんので書き方に注意しましょう。店舗見学レポートで書くべき内容は、実際に見聞きした事実、自分が学んだ事です。当然ながら店舗見学の感想もあるでしょうが、それはレポートのまとめ部分に書きます。レポートの書き方の基本は変わりませんので、ここで書き方をマスターすれば、次回はもっとスラスラと書けるようになりますよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK