レポートとは?知っておきたい感想文との違い

レポート

レポートと感想文は混同されがち

Blogging 336376 640

レポートとは何かを知らない人の中には、感想文と同じでいいのではないかと勘違いしている人も多いです。確かにレポートを書いたことがなければ、それも当然のことかもしれません。しかし、これらにははっきりとした違いがあり、レポートというのは感想文と違い、いわゆる「報告のための事実をまとめた文書」それに対して感想文というのは、そのまま「自分の想いを文字にした文書」です。

レポートと感想文は異なるので注意しよう

レポートとは、感想文と混同されがちなごとが多いですね。レポートとは、感想文と違い事実関係をまとめた文書になるので、感想文とは違い客観的な視点が必要になります。たとえば「~が面白かったです」では、自分の感想を述べているだけなので感想文にしかならず、レポートとは程遠いものになってしまうでしょう。レポートとは、あくまでも自分の考え方を取り入れつつも、客観的視点で物事を観察していくものです。そのため、証拠や論理的な考えを求められています。

レポートとは感想文と違い事実誤認は許されないもの

レポートとは感想文と違い事実誤認は許されません。もちろん、感想文も過度な事実誤認は評価があったとは思いますが、レッポートとは違い飽くまでも個人の感想なので、内容を否定されるようなことは無かったでしょう。しかし、レポートは事実を自分の見解から書く必要があり、文章が稚拙であれば評価が低くなってしまいます。

テーマをしっかり掘り下げることで事実誤認が防げる

では、どうすれば事実誤認のないレポートが書けるのかといえば、まずテーマに対して深く掘り下げられる知識と理解度が必要になってきます。これをきちんと文章にすれば、先生や上司からも高評価をいただけるでしょう。まずは、テーマについてしっかりと調べていき、知識や見解を広げていけば、おのずと問題点が見え、何を書けばいいのかが分かってきます。

レポートとは感想文と違い「である」調で書くもの

「です・ます」調は失礼になるため、レポートは「である」調で書くようにしましょう。これは「~だ」「~である」といった言葉遣いです。そして、レポートとは客観的な意見を盛り込むものなので「私」という一人称を使うのも避けておきましょう。どうしても使う場合は「我々」「私たち」といった複数人を指すものにしておけば、レポートしても適切です。こうすることで客観的な内容に変化していきます。

「です・ます」調は目上の人に対して失礼に値する場合も

レポートは感想文とは違い「です・ます」調で書くわけにはいきません。何故なら「です・ます」調というのは、知らない人に対して内容を優しく教えてあげよう、というものであり先生や上司に提出するレポートには向かないのです。目上の人に対して分かりやすく教えてあげる、という態度は実に失礼なものとなってしまうので注意してください。

レポートとは感想文と違い客観的な視点から事実に基づいて記述しなければいけない

レポートとは感想文と違い、様々なルールがあることがお分かりいただけたでしょうか。レポートとは書き始める前に、しっかりとした情報収集が必要になってきますので、まずは情報を自分なりにまとめて理解していき、これで書けると思ったら書き始めてください。そうすればきっと、あなたのレポートは最高の評価を得ることが出来るでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス