【打診する】ビジネスにおける正しい意味や注意点は?

2017年7月21日言葉遣い

S photo 00989
「打診する」という言葉は、ビジネスでもよく使われます。その意味を正しく説明できますか? 使い方や注意点などを解説します。

正しい意味は?

ビジネスにおける「打診」とは、正式に交渉するにあたって、事前に相手の反応を伺うことを意味しています。「相談する」や「話を持ちかける」といったニュアンスの言葉です。

まれに、仕事の依頼やお願いをする文脈で「打診する」という言葉を使うビジネスマンもいますが、この使い方は適切ではありません。打診は意見や考えを持ちかけ、相手の意向を伺っている状態なので、「お願い」や「依頼」の意味合いは一切含まれていないのです。

「打診する」を「お願い」や「依頼」の意味合いを持つ言葉と捉えていると、ビジネスパートナーなビジネス相手との間で、大きな齟齬が生まれる原因にもなりかねません。十分に注意しましょう。

上司から「先方に打診して」と言われたら

上司から「先方に打診しておいて」と言われたとき、どのような行動をとればいいのでしょうか。先にも説明した通り、「打診」は「相手に相談を持ちかける」、「意向を伺う」といったニュアンスの言葉ですから、正式に仕事の依頼をする、お願いをするわけではありません。十分に注意てください。

ただ、上司が「打診」という言葉を誤用し、「相手に依頼をして」「お願いをして」といったニュアンスで使っている場合もあります。先方の意向を伺うだけでいいのか、もしくは正式に仕事の依頼をするのか、どちらの意味で「打診」を使っているのか判断がつかない場合は、しっかりと確認しておくとミスを防げるでしょう。

打診する際は言葉遣いや態度に注意

打診をすることは、仕事のお願いをすることではなく、「どのような返答が来るのか分からないけれど、とりあえず聞いてみる」といった段階ですので、相手に対して押し付けがましい態度や言葉使いならないように、いつも以上に気をつけるようにしましょう。「相談するだけ」といった意識でやりとりしていると、ついフランクになりがちです。そのときの姿勢によって、相手の返答・反応は少しずつ変わっくるので、正しい敬語を使って丁寧に打診しましょう。

柔軟な対応を心がけよう

打診した結果、相手からどのような返答が返ってくるのかは分かりません。賛同を得られる場合もあれば、そうでない場合もあるでしょう。ただ、相手の意向を自分から伺っている以上、どのようなリアクションが返ってきたとしても、柔軟に対応できるように準備しておくべきでしょう。賛同を得られなかった場合に備えて、事前に代替案を用意しておくのも1つの手です。

打診されたときに気をつけたいこと

ビジネスシーンでは、仕事相手から「打診される」場合もあるでしょう。相手がこちら側の意向を伺ったり、相談を持ちかけている段階とはいえ、その後に本格的な交渉に移る場合も当然あります。自分自身で返答できる範囲はしっかりと答え、分からないことは上司に確認した上で、会社としての意見を伝えましょう。

打診とは何かに始まり、打診するという言葉の意味や使い方をみてみましたが、いかがでしたでしょうか。打診の意味は勘違いしがちですよね。ビジネスの場では、言葉を間違った意味で使用すると、誤解やトラブルのもとになってしまうことがあります。「打診する」の言葉を使うときにも、「打診とは依頼やお願いではなく、相談という意味である」というように、正しい意味を理解しておくことが大切です。自分が打診される事もあるので正しい理解が必要です。ビジネスでとても使える言葉なので、敬語表現とともに正しい使い方をマスターしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月21日ビジネス

Posted by BiZPARK