消費者金融トラブルを弁護士で解消するメリットとデメリット

弁護士, 消費者金融

消費者金融と弁護士は切っても切れない関係

Legal 1302034 1280

消費者金融と弁護士は切っても切れない関係性だといえます。これは消費者金融とのトラブル解消や債務整理などを行う場合には、法のプロである弁護士に相談するのが最も確実な方法であるためです。司法書士への相談も可能ですが、金額によっては弁護士でしか対処できない場合が多く、そのため弁護士への依頼が後を絶たないという状況になっています。

弁護士の役割はトラブルをいかに迅速に解決するか

消費者金融と利用者との間に入る弁護士の役割とは、依頼人である利用者の債務やトラブルを如何に迅速に解決するかです。近年では過払い金請求での弁護士の利用も増加していますので、単に債務に関する減額などを交渉するだけでなく、払い過ぎたお金を取り戻してもらうといった役割なども弁護士が担っているのです。

債務整理は弁護士を通す必要があるが過払い金は直接請求できる

債務整理を行う場合には、基本的に弁護士を通じて消費者金融と話し合いを行います。過払い金請求に関してのみ、弁護士を利用しなくても請求を行えますが、面倒な手続きが多い上に専門的な知識も必要となるため、なかなか簡単には手続きが行えません。任意整理や個人再生といった債務整理になると弁護士がいないと話し合いすらできませんし、裁判所を利用する場合にはやはり弁護士がいないと何もできないといえます。

弁護士を利用するメリット:負担が大幅に減る

弁護士を利用して消費者金融と話し合いを行うメリットとしては、自分の代わりに弁護士が全ての手続きなどを行ってくれますので、負担が大幅に減るというメリットがあります。弁護士は法律のプロですので、相手が消費者金融であっても依頼人にとってベストな方法での解決を模索してくれるという点でも、非常にメリットが大きいのではないでしょうか。

弁護士を利用するデメリット:費用がかかる

消費者金融との話し合いに弁護士を利用するデメリットとしては、弁護士費用が必要になるということが最大のデメリットといえます。弁護士費用は決して安いものではありませんので、債務が軽減されたけれど代わりに弁護士費用の支払いがかさむ結果になるケースも少なくありません。そのため、費用がどれくらいかかるのかを理解しておく必要があります。

弁護士は慎重に選ぶ必要がある

弁護士の中には悪徳弁護士と呼ばれる人もいる為、弁護士選びは慎重に行う必要があります。もし悪徳弁護士をチョイスしてしまうと、無駄に費用ばかりを支払う可能性もあるのです。また、弁護士にも得意不得意の分野があるので、消費者金融に詳しい弁護士を選ばないと話し合いが長引くといった問題も起きる可能性があります。

消費者金融とのトラブルは弁護士の利用で負担を減らせるが費用面でのデメリットがある

弁護士選びは非常に重要なポイントとなり、選び方次第で消費者金融との話し合いも大きく様変わりすることになります。もちろん弁護士に依頼しなくてもいいような消費者金融の使い方をするのが基本ですが、悪質な消費者金融などに引っ掛かった場合には弁護士に相談する必要がありますので、正しく弁護士を利用しトラブル解消に結び付けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職