消費者金融は学生でも利用できる?知っておきたい仕組み

消費者金融

消費者金融はお金を手軽に貸してくれる金融機関

A

消費者金融は、「お金を貸すことを生業とした金融機関」です。個人の客にお金を貸し、返済される時に得る利子によって、利益を得ています。消費者金融では、簡単な審査ですぐにお金を貸してくれます。しかし、消費者金融はその手軽さが魅力な反面、危険でもあります。簡単に借りられるからといって、どんどん借りていては、借金漬けの生活になってしまいます。

消費者金融は「借金」であって「貯蓄」ではない

消費者金融からお金を借り入れる際は、「消費者金融の借入=借金」と、しっかり認識しなければなりません。一部の利用者の中には、消費者金融の手軽さから「借金」という認識がなく、むしろ貯蓄のように捉えている人もいます。そういう人たちが「返せない」という状況に、陥りやすいのです。消費者金融から借り入れる際は、「短期で少額」が鉄則です。

条件を満たせば学生でも消費者金融を利用できる

基本的に収入のない人は、消費者金融で借り入れられません。しかし、20歳以上である程度の一定した収入がある場合は例外で、学生でも借り入れを行えます。担保や連帯保証人などが不要な消費者金融なら、簡単に借り入れを行えるでしょう。その手軽さから、消費者金融を利用する学生は、少なくありません。

ネット上で借りられる消費者金融が学生に人気

インターネットが普及した現代において、学生であればほぼ全員が、スマホやタブレットを持っています。消費者金融の中には、スマホ対応のネット申し込みで、借り入れが可能な会社もあります。さらに、ネット申し込みであれば、カードや郵送物が送られてきませんので、家族や周囲の人に知られたくない学生にとっては、魅力的に感じるでしょう。スマホで簡単に借りられる手軽さが、現代の学生にとって、消費者金融を身近にしているのです。

学生は初回で10万円借りられれば良い方

学生も、利用条件を足していれば、消費者金融からお金を借りられます。しかし、社会人のように定職があるわけではありません。そのため、学生は初回10万円の枠が出れば、多く借りられた方と考えましょう。多くを借りても返済できない可能性がありますので、消費者金融側としても、学生に多くは貸せないのです。

「どうしても」という場合には学生ローンの利用もひとつの手

現在学生の人がどうしても「お金が足りない」「借りたい」と思うのであれば、学生ローンを利用する方法もあります。学生ローンとは、学生本人に対して貸し付けてくれる、小口の融資です。収入があれば、学生でも20歳から利用でき、在籍確認もないため、手軽に借りられます。ただしこの際、もちろん、本人確認や書類審査は行われます。

お金を貸してくれるが返済時には利子が必要な消費者金融は条件さえ満たせば学生でも利用できる

現代では、学生であっても消費者金融から、お金を借り入れられる時代です。その手軽さがメリットとなり、学生で借りた経験がある人も、珍しくはないでしょう。しかし、消費者金融にお金を借りるのは、借金をしていることと同じです。その上利子が必要となるため、借りたお金より多くのお金を、返さなければいけません。できれば、消費者金融は利用しない方が、安定した生活を送るためには良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職