おまとめローンの審査を通過するための基準4つ

ローン

おまとめローンは借金を一本化して返済するという仕組み

Office 620822 960 720

おまとめローンは、他社で借り入れているお金を一本化して返済するローンです。トータルでの借入金額相当の借り入れを新たにすることになるため、借入金額自体が大きくなりがちになります。したがって、おまとめローンの審査は、通常のキャッシングよりも厳しい傾向にあります。決められた年収を超えていないと、申し込むことすらできない会社もあります。

審査は厳しい傾向にあるが通過するためのポイントがある

おまとめローンの審査は、通常のキャッシングよりも厳しい傾向にあるとはいえ、審査にはポイントがあります。また、借入の際には、仕事先に在籍確認の電話などあるケースが多いです。しかし、ローン会社からの電話だとは分からないように個人名でかけてくるため、それほど心配することはありません。銀行系のカードローンでは、銀行名を名乗ってかけてくる場合もあるようです。

おまとめローンの審査基準①:他社からの借り入れ件数

おまとめローンの審査の第一は、他社からの借り入れ件数です。審査をするときには、借入総額よりも借り入れ件数に注目されます。というのも、複数の会社から何件も借り入れているというのは、一社あたりの借入限度額が低いことの表れであり、借入先から信用を得られていない意味になるのです。そのため、借り入れは件数が少ないほど有利と言えます。

おまとめローンの審査基準②:他社への多重申し込み

他社への多重申し込みは、おまとめローンの審査を不利にします。特に、短期間の間に何社も申し込むと、ローンの審査にパスする可能性が低くなるのです。ローンの申し込みは情報信用機関に登録され、6ヵ月間は保存されます。短期間に複数の申し込みがあると、審査の際の照会で要注意人物とみなされ、審査に通らなくなってしまうのです。

おまとめローンの審査基準②:遅延・事故情報

おまとめローンの審査が不利になるものとして、遅延・事故情報もあげられます。遅延・事故情報として保存されるのは3ヵ月以上の返済の遅延、不払い、債務整理などがあります。この事故情報は5~10年は保存されるため、そのブラックリストにのっている間は、新規の借り入れをするのは非常に難しいと思ったほうが良いでしょう。

おまとめローンの審査基準③:勤続年数の程度

おまとめローンの審査のポイントは、勤続年数の程度です。ローンの貸し付け条件には安定収入があることという条件が含まれます。おまとめローンのように高額の貸し付けの審査をパスするには、少なくとも1年以上の勤続年数はほしいところです。安定度は公務員、大手企業のサラリーマン、中小のサラリーマン、自営業・パート・アルバイトの順とみなされます。

おまとめローンの審査に通過するには借入件数・多重申込・事故情報・勤続年数に注意しよう

おまとめローンの審査は、一般的なキャッシングよりも貸付金額が高額になることから審査の条件が厳しくなる傾向にあります。審査のポイントとしては第1に、他社借り入れ件数であり、件数が多いほど不利になります。第2に他社多重申し込みで、短期間の申し込みはNGです。第3には遅延・事故情報がないこと、第4には勤続年数の程度をみられることとなります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職