ローンと年収の関係は?借り入れ金額の上限を上げる方法

ローン, 年収

ローンの借り入れ限度額は年収によって異なる

J

住宅購入資金や自動車の購入資金など、一度に多額の費用が必要となる商品を購入する際に活躍するのが、ローンの存在です。いわゆる長期契約による貸付金制度のことで、あらかじめ借り入れる金額や返済に要する期間などを設定した上で、契約を交わします。この時具体的に借り入れる金額とは別に、一度に借り入れられる限度額についても提示されますが、この価格を決定する大きな要因の1つにあたるのが、契約者が得ている年収となるのです。

年収が多いほど多額の資金借り入れが可能となる

ローンを提供する側も、ローンによって貸し付ける資金の完済を目的にサービスを提供しています。しかし中には様々な理由から、返済が困難となるケースも少なくありません。こういったリスクを軽減する目的から、ローン契約時にはいくつか所定の内容に基づいた審査が行われ、実際に返済可能な額などが算出されます。特に、契約者が実際に得ている所得などの年収額は、重要な審査項目の1つです。この年収額に応じて、借り入れできる資金の額が決められます。年収が少ないほど借り入れ上限も低く、多いほど高く設定される仕組みです。

大体の借り入れ金額の上限は年収の5倍程度

ローンの契約者が実際に得ている年収額が、借り入れ金額の上限に影響を及ぼす点を上述しました。実際に、どの程度の年収でどの程度の借り入れ金額が利用できるのでしょうか。契約にあたって希望する条件によっても違いがありますが、おおよそ1年間の総年収額の5倍が、ローンの借り入れ金額の上限に当たると言われています。例えば、年収が500万円の方であれば、借り入れ金額の上限は2,500万円前後です。

頭金の支払いや返済期間でも借り入れ金額に違いがでる

年収額のおおよそ5倍が借り入れ金額の上限と言われていますが、これはあくまでも一例であり、必ずしもこの条件が設定されているわけではありません。例えば、ローン契約時に一定額の頭金を設定している場合や、返済期間が長く見込める場合には、5倍の上限を超える額のローンによる借り入れ金額が利用できます。この点には注意しておきましょう。

ローンを組む時は上限の高さに注意が必要

また、ローンを実際に利用して一定額の借り入れ金額を利用する場合、必ず注意しておきたい点として、金利が挙げられます。例えば、年収500万円の方が住宅を購入するために住宅ローンを契約する場合、おおよそ5倍に当たる2,500万円が一番高い借り入れ金額です。ただし、ローン会社の中には2,500万円を越える額の借り入れ上限を提供する物もあり、多額の資金が必要な方は、上限額の高いローンを契約します。この際に、特別な理由もなく上限が高い会社は、その分金利が高く設定されていたり、毎月の返済額がやや高めに設定されていたりする場合が多いのです。しっかりと注意しておきましょう。

年収が少ない方はローン契約時に連帯保証人を立てると良い

1年間に獲得できる年収額が少ない方の中にも、住宅を購入するために目安を越える資金を、ローンを通じて獲得する方がいます。こうした年収が少ない方が目安を越える借り入れ金額を利用する場合のコツとして、連帯保証人を設定しましょう。例えば、ご両親など近親者の方に連帯保証人になってもらえば、通常の契約よりもより高額なローン契約が可能です。最近では連帯保証人を必要としない単一契約者の住宅ローンが増加していますが、連帯保証人の設定が可能なローンを選ぶと、こういった対応が可能となります。あくまでも無理なく、ご自身で完済できる額に留めておきましょう。

ローンで借り入れられる金額は大体年収の5倍だが連帯保証人がいれば更に高額になる

自動車や住宅など、高額な商品を購入する際に力を発揮してくれるローンを組む際には、様々な審査が行われます。このうち、ローンの借り入れ印上限を決める要素として重視されるのが、契約者が1年間に得ている年収額です。年収が多いほど借り入れられる上限が増加します。一般的には、大体総年収の5倍が上限です。この目安を活用して、無理なく返済できる上手なローンの活用を実践しましょう。また、連帯保証人などの制度を活用すると、年収以上の借り入れ金額を利用できるので、コツとして覚えておいてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス