電力会社の営業職の平均年収や将来の安定性

営業職, 電力会社

電力会社の平均年収や将来性などの今後はどうなってくのか!?

Sunset 208771 640

今回は、電力会社の営業職の平均年収や将来の安定性について、紹介していきます。

電力会社の今後の年収は、下がっていくと推測されます。現在の日本は省エネ大国となりつつあり、総体的に見て、電力消費量はダウンしていくでしょう。そうなると削減対象となるのは人材です。

今後電力会社がなくなる可能性は極めて低い

あるサイトで今後の電力会社の動向について、紹介していた記事があるのですが、 そこでは、電力会社の将来は明るいという。どういったことかと言いますと、 電力会社は世界中どこにおいても必要不可欠な存在です。

私たちの生活は電気に依った生活となっています。電気の供給がなくなれば社会基盤が失われてしまいますので、今後電力会社がなくなる可能性は極めて低いです。

電力は、水と食料に次いでなくてはならないエネルギーのひとつ。今後、電力会社は更なる企業努力を行ない、新たなエネルギー開発を進めていく必要がありますし、電気を常に送り続けるという至上命題があります。社会的な必要性を考えると、電力会社の将来性は高いと言えます。

若者たちの技術者離れが進んでいる現状も加味してみれば、電力会社をはじめとする技術系の企業は今後人材不足の可能性が危ぶまれています。

ただし、会社が生き残ることと従業員が生き残ることは違う

会社が生き残ることと従業員が生き残ることは別だと思っておいた方がいいかもしれません。 確かに今後の電力会社の使命や需要度は高くなってくるのは、目に見えていますが、 会社だけは生き残るけど、従業員はみんな外注化してしまうかもしれないし 、何がおきるか分かりません。 例えば… 経営状態が悪ければ、従業員が受けられる教育なども劣化することは避けられませんし。 資金的も人材的にも、この先下がっていく可能性もがない訳ではないです。 そういったところもしっかりと、おさえておきましょう。

電力会社の平均年収は!?

上記では、電力会社の今後について紹介していきましが、次に電力会社の平均年収はどれくらいなのか見ていきましょう。就活生の多くが、気になるところだと思います。ここでは、そこの平均年収についてまとめていますので、みていきましょう。

電力会社の年収は700万円~800万円

電力会社の年収は今のところ、高水準を保っています。平均年収は700万円~800万円とされており、他業界と比較しても、かなりの高年収のようでです。「平均年収.jp」での電力会社の平均年収に関しては、以下の通りでした。 「中部電力の年収の平均は、824万円でした。(有価証券報告書調べ) ここ数年での年収推移は801万円(最低)~840万円(最高)となっています。 給料:約68万円(平均月収) 30歳平均での年収はおよそ600万円ですので、電気・ガス事業などのインフラ系ランキングでは業界全体でトップ3に入る年収の高さがあります」 といったように、電力会社の平均年収の水準は、やはり高い水準だと言えます。

では、最後に電力会社営業職の年収例って

Money 767778 640

電力会社の営業職の年収は20代でも500万円

電力会社の営業職の年収は20代でも500万円、初任給であっても月収18万円と高額です。 年功序列の業界ですから、勤続年数が増えれば増えるほど年収は上がっていくでしょう。 求人サイト「DODA」での情報もここで紹介しておきますが、 例えば26歳歳で電力会社の営業をしている場合、年収は550万円程度程度です。残業は月30時間程度となります。

電力会社の営業社員の声は…

ネット上で、電力会社の営業社員の声を紹介していたので、その声を紹介しますと、 「給料は……、入社して直ぐの研修中は20万前の16~18万ってとこでしょうか!? 正社員になって、残業とかバンバンやっていれば、手取りで25~30万くらいは貰えますね。その代わり、睡眠不足とストレスで死ぬ思いをする事になると思いますが。」 といったように、頑張り次第では、水準よりも高い年収を稼ぐなんてこともできる職種であるというのが、伺えます。

電力会社の営業職の年収は他業種より水準は高い!!

電力会社の営業職の年収は他業種より高いのか!?という事で、今回は紹介していきましたが、結論として、電力会社の営業職の年収は他業種より水準は高い!!と言えるでしょう。 また、電力会社の年収は、営業職も含めて、将来的に下がるといっても、サラリーマンの平均年収を下回ることはないでしょう。 他の業界の営業職と比べても安定した収入を得ることができる職業であることは、間違いないです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職