【ワールドワイドなやりがい以外に何があるのか】海運業界営業の2つの魅力

営業職, 海運業界

チームプレイ

海運業界の仕事は、大きく2つに分かれます。陸上職と会場職です。ここでは、陸上職である営業にスポットを当てみましょう。海運業界の営業の仕事は、荷主と交渉をして貨物を集め、その貨物を安全に確実に届けるのが仕事になります。長期で荷物を安全届けるということは、一人で出来上がる仕事ではありません。上司のアドバイスや、関連部署との綿密な打ち合わせによって初めて実現できるものです。こういった、チームワークによる仕事の結束感を味わえるのも、魅力のひとつです。

高い社会貢献性

地球は海に囲まれており、その物流を支えるには船が欠かせません。海運がなければ世界経済が止まってしまうといっても過言ではないのです。航空機では運搬できない貨物は、船で運びます。このように社会の流れに欠かせない要素が海運業界なのです。社会的貢献度の高い業界に身を置くことは、大きな魅力といえるでしょう。

まとめ

海運業界は狭き門ですが、その高い社会貢献性、そして長期の運行でのトラブルも計算に入れる緻密的な計算。それらをワールドワイドに行うやりがいのある仕事といえます。業務遂行には、チームワークが重要で結束力が大事になります。海運業界の営業は、世界規模で活躍できるという大きな魅力があるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職