航空業界の営業の仕事内容について説明していきます!

2016年12月20日営業職, 航空業界

航空業界の営業は大きく2つに分かれる

航空業界の営業の仕事内容というとどういうことをしているのでしょうか?実は、航空業界の営業は大きく2つに分かれるのです。それが、旅客営業と貨物営業になります。旅客営業は旅行会社を介して、お客様を獲得する営業です。貨物営業は法人企業の貨物をお預かりします。それぞれを詳しく見ていきましょう。

旅客営業の仕事内容

航空業界の旅客営業は、法人営業がメイン業務となります。法人企業の中でも旅行代理店への営業がもっとも多く、パッケージツアーのプランにおいて、自社の飛行機を利用していただくのが目的です。

貨物営業の仕事内容

航空機で運ぶのは旅客だけではありません。航空業界では貨物などの物流にも関わります。物流の起点になるのが貨物営業です。航空貨物は、国内にとどまるものではないため、外国とのやり取りも必要になってきます。この点は、意識しておきたいですね。

まとめ

航空業界の営業の仕事内容は、旅客営業と貨物営業の二つですが、自社の他の部署へ取引先の要望を伝えるのも重要な役割です。航空業界は現在、変革の時を迎えています。航空会社はお客様の要望を聞き、それに見合う航空プランを生み出していかなければなりません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日転職

Posted by BiZPARK