カードローン契約のメリットとその注意点

カードローン

カードローンはお金が必要な時に手軽に契約できる

Atm 1524871 1280

カードローンは急な出費でお金が必要な時に、手軽に契約できることが魅力です。カードローンの利用限度額の範囲であれば、いつでも回数に制限なく借入の契約と返済が可能です。銀行と消費者金融のカードローンがあり、金利はそれぞれ異なります。返済期間が1週間以内や30日以内の契約であれば無利息のローンもあるので、少額融資がおすすめです。

カードローンの特徴は細かい審査がなく一定の収入があれば融資を受けられる

カードローンは住宅ローンなどと異なり、所得証明の提出や職種などの細かい審査がありません。一般的には、一定の収入があればパートやアルバイトでも融資を受けられます。ローン会社によっては専業主婦専用のローンもあります。また、融資目的も限定されていないため、お金の使い道は自分次第です。窓口での借入を行う必要もないため、インターネットや電話やローン会社の無人契約機で簡単に契約できます。

インターネットや無人契約機でのカードローン契約が可能

インターネットや無人契約機でカードローンの契約を行う場合、借入希望金額と返済方法を選択し、簡単な審査を経て契約が完了します。銀行のカードローンの場合は銀行のATMや提携先で契約を行えます。また、借入ができるか不安な場合は、ローン会社の公式ホームページで融資を受けられるか診断ができるので、診断を試してから契約手続きを行いましょう。

簡易審査や審査時間が短いカードローンを利用すると即日融資が可能

急にお金が必要な時は、即日融資可能なカードローンを利用しましょう。スムーズに契約を行うポイントは、簡易審査や審査時間が短いカードローンを利用すること、借入金額を最小限に設定すること、インターネットや無人契約機で契約を行うことです。この3つを実施すれば、即日お金の借入と引出が可能となります。ただし、ローン会社ごとに契約の受け付け時間が異なり、即日振込ができない場合があるので注意しましょう。また、その他にも借入金額の設定を高額にすると審査に時間がかかるため、即日融資の契約ができない場合があります。

カードローンを契約する際は返済可能な金額を設定する

カードローンでお金を借りる際は、返済可能な金額を設定しましょう。手軽に契約できるので、つい多めにお金を借りてしまいがちですが、一旦冷静になって返済回数と返済金額を考えましょう。また、カードローンの返済のために別のカードローンを契約し、借入金額を返済に充てることはおすすめしません。借入を増やせばその分返済金額が増えるとしっかり理解する必要があります。

会社指定の金利に応じて利息が発生するので要注意

カードローンで借入契約をすると、借入額とローン会社指定の金利に応じて利息が発生します。借入金額にもよりますが、カードローンの返済期間が短期であれば利息は少額になります。逆に長期の返済期間である場合は、その分利息が高くなります。利息が増えることで、契約時の借入金額よりも最終的に支払う合計金額は高くなります。借入金額のみの返済ではないことを十分理解しておきましょう。

カードローンの契約は必要な時に即日融資もできるが返済や利息を考え少額に抑えよう

以上、カードローン契約のメリットとその注意点でした。所得や職種に制限がなく、パートやアルバイトでも借りやすいカードローンの契約はお金がすぐ必要な時には便利です。しかし、その利便性が仇となって返済不可能にならないように気を付けましょう。契約の際には、返済可能な少額を借入れることをおすすめします。また、なるべく短期間で返済を完了させ、少しでも利息が増えないようにしましょう。カードローン利用の際は、利用用途や返済期間をしっかり決めてから契約しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス