カードローン審査に落ちない利用目的の答え方

カードローン

カードローンは融資限度額以内のお金が手軽に借りられるもの

Online marketing 1427787 960 720

カードローンは、クレジットカードやキャッシングカードで手軽にお金を借りることができます。また、融資限度額以内の金額であれば、借入回数に制限がないローンです。カードローンの利用目的は基本的に制限がありません。カードローンの意識調査によると、利用目的は趣味や娯楽の割合が多いです。契約は金融機関や消費者金融の窓口でも可能ですが、ATM、キャッシュディスペンサー、インターネットで簡単に手続きができます。ただし、返済には各ローン会社の金利に基づき利息が発生するので注意しましょう。

収入があれば誰でも利用可能

カードローンの契約には、保証人や担保が不要です。また、正社員でなくても一定収入のあるパートやアルバイトでもお金を借りることが可能です。銀行など金融機関のカードローンは低金利で借入れ可能で、翌月に一括で返済するのが特徴です。クレジット会社や消費者金融のカードローンは銀行に比べ金利が高いですが、返済は分割可能です。また、少額の借入であれば、利息が高くなることはありません。

カードローンの契約には利用目的が重要

カードローンの契約時に審査がある場合、利用目的の答え方には注意が必要です。利用目的は自由ですが、ローン会社が融資を行いたくないと思う内容の場合は、審査に時間がかかるか審査に落ちてしまいます。カードローンの利用目的は審査時の借入の不可を判断するひとつの要因となるので、審査に通るような利用目的を回答するようにしましょう。

利用目的が返済や引越し費用だと審査に落ちやすい

カードローン会社にとって印象の悪い利用目的は、ギャンブルや他の金融機関への返済、引越し費用です。ギャンブルは勝利率が低いことから、返済金額を滞納しかねないとカードローン会社に判断される可能性があります。また、他のローンの返済のためにカードローンを利用するのも返済への不安を煽ってしまいます。引越し費用はまともな利用目的と思いがちですが、カードローン会社にとっては借入主と音信不通になりかねないと、マイナスの印象を与えてしまうのです。カードローンの審査に落ちないためには、カードローン会社が安心して融資できる利用目的を回答しましょう。

カードローン会社に良い印象を与える利用目的を回答する

カードローン会社にとって印象の良い利用目的を回答することにより、スムーズに審査を通過できます。他に滞納金がないことや融資希望金額も重要な判断要素ですが、返済される可能性の高い利用目的に対してカード会社は融資を行います。カードローンの申請時には、返済の見込みがあるという印象を与える利用目的を回答しましょう。

冠婚葬祭や入院費が利用目的だと審査に通りやすい

最も多い利用目的は、趣味や旅行などの娯楽と交際費ですが、それよりも効果的な利用目的は冠婚葬祭などの急な出費です。急にお金が必要ということが審査に通りやすいポイントとなります。その他に、車検、事故、病気による入院費も急を要する出費の理由としてカードローン会社の審査に通りやすい利用目的です。しかし、審査に通るためだけに嘘の理由を回答しないでください。

融資限度額内でお金を借りるカードローンは急な出費が利用目的だと審査に通りやすい

カードローン会社によって即日審査や簡易審査など、誰でも簡単に審査が通るように思いがちです。しかし、実際にはカードローン会社も返済の可能性が低いと判断できる利用目的であれば、長時間審査を行い融資不可と判断することもあります。利用目的が審査の一要因であることを把握し、返済の可能性が高いと判断される利用目的を回答して融資を受けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス