キャッシングとカードローンの知っておくべき違い

2017年1月16日カードローン, キャッシング

クレジットカードのキャッシングは一括払い・カードローンは分割払い

Euro 870757 1280

キャッシングとカードローンは、どちらも借入です。しかし、支払方法が異なり、状況によって使い分けるのが無難でしょう。一括払いのキャッシングは金額の少ないショッピングでよく利用されます。対して分割払いのカードローンは、ショッピングでも額の大きな商品の購入には欠かせません。どちらにしても、利用する際には計画性を持って使い過ぎないように注意しましょう。

金利にも違いがある

基本的に、どちらも使い方は同じですが、金利に違いがあります。キャッシングの金利は高く、カードローンの金利は少ないのが一般的です。支払日は各金融機関によって異なり、ほとんどの人は口座引き落としを選択しているので、払い忘れの確立は低いでしょう。一括払いか分割払いか、財布の中身と相談して決めましょう。

キャッシングとカードローンを使い分けるべき

カードローンは、多くのお金を借りる場合がほとんどでしょう。それに対してキャッシングは、急にお金が必要なときに少しだけ借りるケースが多いです。それぞれ、使う際のポイントが違い、どう使い分けるのかはその人によって異なります。カードローンであれば、先ほど申したように多くのお金を借りるシステムなので、その分の手続き方法が厳しくなっているようです。

カードローンの手続きは厳しい

多くのお金を借りるほど、審査基準も含めて厳しくなっております。審査基準は基本的に、身分証明書、収入証明書などが必要ですが、他にも明確な使用目的を持っていなければたなければなりません。金融機関にとって立場上、お金を多く借りたい人に対して警戒感を持つものです。この人は大丈夫だと判断してもらうために、手ぶらでも良いですので申請する前に1度相談するのをおすすめします。

キャッシングの金利は高くカードローンは低い

キャッシングとカードローンには、どちらにも金利が付いてくるものです。どうしても金利を抑えたい、ゼロにしたいなどと考える人におすすめの方法があります。キャッシングの場合、直接お金を借りるのではなく、買い物でカード払いをすれば金利ゼロに抑えられるサービスがあるのです。しかし、それは一括払いに限るので注意が必要になります。それに対してカードローンでは、大きな金額を借りることになりますが、通常のキャッシングより金利を抑えられるでしょう。

カードローンの金利は利用金額で異なってくる

確かに金融機関にとって、カードローンはキャッシングと違って金利は安く設定されています。しかし、少額であれば大きく多額であれば小さいといった金利システムが採用されているのです。しかし、支払額は多額であれば負担が大きくなっていくのが実情になります。その負担を減らすには、無理のない返済計画を立てなければなりません。

キャッシングは一括・カードローンでは分割というように返済方法に大きな違いがある

キャッシングとカードローンというのは、お金を借りるという点と金利がつくという点では同じで、違うのは返済方法です。キャッシングは少額で借りて一括払いで返済されるのを想定していますが、カードローンは分割払いになっています。金融商品を利用する以上、それらのシステムを理解しなければなりません。計画性を持って支払う努力をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK