専業主婦がキャッシングを利用する方法と法律の改正

キャッシング, 専業主婦

キャッシングを利用するには収入や職業の証明が必須

Friend 1107005 1280

様々な借入金サービスの中でも、比較的手軽に借入や返済が可能なサービスとしてキャッシングが注目されています。キャッシングとは、クレジットカードなどを使って一時的な借入を行えるサービスであり、最近では街中に設置されている無人ATMを通じた借入が可能です。ただし、手軽に借りられるからといって全ての方が必ず使えるわけではありません。収入証明をあらかじめ行う必要があるほか、身分証明が必要であったり、現在どのような職業に従事しているかであったりなど、個人情報の提出が必要になります。条件によっては、借入が受けられない場合があるので注意が必要です。では、専業主婦はキャッシングを利用できるのでしょうか。

専業主婦がキャッシングを利用する方法①:女性限定のサービス

キャッシングサービスの中には、全ての方が利用できる一般的なキャッシングサービスとは別に、女性に限定されたレディースキャッシングというサービスも提供されています。一般の物との違いは、女性に限定することでアルバイトやパートタイマーなど非正規雇用や臨時雇いの方でも借りやすくなっているため、専業主婦の方がキャッシングを利用したい場合、一番可能性が高い方法です。また、レディースキャッシングでは保証人や担保が不要な物が多いという点も特徴だと言えます。専業主婦の方は、レディースキャッシングを検討してみるといいでしょう。

専業主婦がキャッシングを利用する方法②:クレジットカードの機能

一般的なキャッシングサービスの利用に抵抗感のある方や、実際に申し込みしてみたけれど認められなかったという専業主婦の方に最適な選択肢となるのが、クレジットカードを使ったキャッシングサービスです。あらかじめ加入審査が設けられているクレジットカードには、キャッシュカードなどにはないキャッシング機能が付与されており、加入時に設定した上限額の範囲で何度でも繰り返し使えます。また、銀行ATMなど全国各地の無人機から操作出来るほか、カードの中には指定口座に直接振り込んでもらえる物もあるなど、様々な方法が扱える点も魅力です。

専業主婦がキャッシングを利用する方法③:家族カード

専業主婦の方の場合、収入や職業の特性から、本人名義のクレジットカードではなく配偶者名義に付帯する家族カードを所有しているという方も多くいらっしゃいます。この家族カードしか所有していない専業主婦の方でも、クレジットカードのキャッシング機能は使用可能です。家族カードはあくまでも、支払いや請求を発行者に依存しているという点以外は本来のものと全く同じ機能を付与されているので、借入上限額の範囲内でキャッシングが使えます。ただし、あくまでも本カードと上限額を共有しているので、既に上限額までキャッシングを使っている場合は借りられない点に注意しましょう。

総量規制の導入により専業主婦による借入が制限された

2010年に実施された貸金業法の改正によって、新たに総量規制と呼ばれる制度が導入されました。以前までは、自身で収入を持たない専業主婦の方でも、他の機関からの借入がないことや身分証明できれば消費者金融などからキャッシングを利用することができたのです。しかし、この総量規制によって大多数の消費者金融などでは専業主婦の方の単独での利用が制限されるに至りました。この結果、それまでキャッシングを利用していた専業主婦には制限がかかり、極わずかなキャッシングサービスに制限されるという経緯があります。

配偶者の証明ができればキャッシングサービスの契約ができる

総量規制制度の導入と共に併せて導入されたのが、配偶者貸し付け制度と呼ばれる物です。これは、自身で安定した収入源を持たない専業主婦の方に対する救済策の1つで、配偶者であることを公的に証明出来れば、配偶者の方が得ている年収額を自身の年収額に合算できる制度です。そして、この制度を使えば、2010年以降に専業主婦の方の利用を制限していた消費者金融系のキャッシングサービスの契約が可能となりました。ただし、配偶者であることを証明する必要性がある点と共に、総量規制によって世帯年収の3分の1までが上限となっている点にあらかじめ注意しなくてはいけません。

専業主婦はサービスやカードによりキャッシングを利用できるが総量規制による制限がある

自宅内の様々な作業や仕事を担う専業主婦の方は、仕事を持ち働く配偶者の方を支える大切な存在です。ですが、自身で単独の収入源を持たないため、専業主婦の方がキャッシングサービスを利用するためには、様々な制限を考慮した上で可能なサービスを探す必要があります。レディースキャッシングやクレジットカード付帯のキャッシングサービスなど様々な方法があるほか、配偶者貸し付け制度を活用すれば、通常のキャッシングサービスも十分に使えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職