ネット料金を滞納し続けた場合に考えられるリスク

ネット料金, 滞納

1ヶ月だけネット料金を滞納してもリスクは特にない

Receipts 1372960 1280

インターネットを利用するためには、ネット料金の支払いが必須です。通信機器である携帯電話やスマートフォンの利用料金の他にも、パソコンなど自宅でネットを活用する前提として、契約するプロバイダーのネット料金の支払いがその都度必要になります。このネット料金を、何らかの理由で1ヶ月だけ滞納してしまった場合には、特に大きなリスクは設けられていないのが一般的です。しかし、それ以降のネット料金の滞納に関しては注意しましょう。

短期間の滞納なら「うっかり」の範疇に当てはまる可能性が高い

なぜ1ヶ月のネット料金を滞納しても、特に大きなリスクが考えられないのか?その理由としては、1ヶ月という短期間の滞納であるなら、故意の滞納ではなく、支払い口座にたまたまネット料金分の現金を入れ忘れていたり、払込票を遣った払い込みを忘れていたりするなど、いわゆる「うっかり」の範疇に当てはまる可能性が高いからです。ただし、1ヶ月の滞納の後、更なるネット料金の滞納には特に注意した方がいいでしょう。その理由として、滞納1ヶ月目の段階でプロバイダーや携帯電話会社から督促が行われるのが一般的であることから、更なるネット料金の滞納は特則を無視した故意によるものと見なされ、ネット回線が停止される可能性が高くなります。

継続してネット料金を滞納するとネット回線が停止される

「うっかり」は誰にでも起こりうる可能性で、ネット料金の滞納についても、あくまでも1ヶ月程度であれば直ちに振り込むことでリスクを回避できます。ただし、2ヶ月以上にわたる長期のネット料金を滞納してしまうと、ネット回線の停止だけに留まらず、わずかな滞納額で最悪の結果へと至ってしまう可能性があるでしょう。

再契約が永続的に拒否される可能性も高い

特に、NTTなどが提供する契約と約款を見てみると、繰り返しの督促を行ったにも関わらず継続してネット料金を滞納し続けた場合、ネット回線の停止だけでなく、契約の破棄と共に、再契約にも一切応じないという規定が設けられています。例えば、一時的に数ヶ月間以上のネット料金滞納によって光回線の契約自体が破棄された後、再度光回線に契約したいと望んでも、回線会社側から契約自体が拒否される可能性があるのです。生活に不可欠なネット回線だからこそ、わずかな額の滞納によって将来的に大きなリスクを背負う可能性が考えられるので注意しましょう。

契約が解除されても滞納したネット料金は必ず徴収される

何らかの理由から、契約しているインターネット回線のネット料金を支払うことができず、結果としてネット料金を滞納したという状態が継続してしまった場合、大抵のケースでネット回線の契約自体が解除されるのが一般的です。ただし、契約が解除されたからといって、滞納分のネット料金が全て帳消しになるというわけではありません。滞納分は契約による利用分として会社側に請求権があるので、必ず何らかの方法を通じて徴収される可能性が高いです。

悪質なケースは裁判へと委ねられるケースもある

ネット回線は、1ヶ月数千円程度の費用が一般的です。ただし、滞納が継続して続けば数万円から数十万円という金額に昇るため、ネット回線を提供する会社側も、滞納額を徴収しようと様々なアクションを起こします。また、必ず料金を徴収するという姿勢を見せることで、更なる滞納など契約不履行を防ぐ目的もあるのです。こうした諸事情から、悪質な滞納者に対しては訴訟による損害賠償請求や滞納分のネット料金の支払いを求める裁判を起こすことも十分に考えられるケースとして、利用者側も理解しておく必要があります。

ネット料金を滞納し続けると回線停止・再契約の拒否・訴訟といったリスクがある

日常生活にも欠かせない、便利なツールとして多くの方が利用しているインターネット回線は、その利用料として必ずネット料金の徴収が行われています。正しく支払われるべきであるネット料金を何らかの理由で滞納した場合、極短期間であれば特にリスクを被る可能性が少ないです。しかし、長期間の滞納や督促にも応じない悪質な行為に対しては、回線停止や契約の解除、更には訴訟や信用情報への記載など、様々なリスクが十分に考えられることを理解しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職