ローンを滞納してしまったときの対処法

2017年1月16日ローン, 滞納

ローンを滞納した時の対処法①:原因を探る

Work management 907669 1280

ローンを滞納してしまうということは、支払いをする資金が不足してしまっているということです。そこには、金欠状態に陥ってしまった原因が必ずあるはずです。対策をとるためには、まず原因の究明が非常に重要になるでしょう。ほかにも支払わなくてはいけない借金があったり、生活費をはじめとした多額の出費によって家計が圧迫されているのが原因でローンを滞納してしまっているのかもしれません。

通帳と家計簿をチェックする

ローンの滞納を解決するためには、まずその原因を突き止める必要があります。自分で思い当る節があればよいですが、どうしてローンの支払まで資金が回らないのか、その原因が分からない場合、毎月の出費状況や収入の状態を確認し、ローン返済までのスケジューリングを見直すべきでしょう。他の借金返済や生活費をはじめとした出費が原因になっているかもしれません。ローンを滞納してしまっている場合は、毎月の出費の状況と、自分の収入について、通帳や家計簿を出して来て確認してみてください。

ローンを滞納した時の対処法②:任意整理を行う

ローンの滞納が続いてしまう場合、現状のままだとどんどんマイナスの事態になってしまう可能性があります。状況によっては、出来るだけ早く任意整理の段階に進んだ方が良いかもしれません。特に、複数のローンが重なって来てしまっていたり、キャッシングやカードなどの借金の支払いを滞納している場合は、早急な対応をしましょう。

任意整理とは弁護士などに依頼してローンの減額を目指す方法

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼して、金融業者と交渉してもらい、ローンや借金の減額を目指す方法です。返済金額が多くなってしまっていたり、取り立てがストレスになり始めたら、この選択肢を取るのも可能です。ローンの滞納が続いている場合は任意整理を取る人が多いですね。裁判所を通さないで行える、唯一の法的な手続きとなっています。ローンの滞納が続き、状況の改善が見込めない場合には、早めに任意整理を行いましょう。

ローンを滞納した時の対処法③:個人再生を目指す

ローンの返済を滞納してしまった場合には、2000年に施行された民事再生法により、「個人再生」という選択肢も出て来ました。個人債務者の負担を軽くする上で、特に住宅ローンに特化している方法です。「住宅ローン特別条項」があるので、今住んでいる家のローンで困っている人におすすめの対策となっていますが、デメリットも考慮しましょう。

新規でローンを組むのが難しくなってしまう

ローンの滞納が続いている人で、特に住宅ローンに悩んでいる人は、個人再生という選択肢もあります。事故情報は登録されてしまいますが、この先ずっと借り入れができなくなってしまうわけではありません。アルバイトやパートでも個人再生を行うことは可能です。ただし、新規でローンを組むのは難しくなってしまいますし、クレジットカードなどの審査も一時的に通りにくくなってしまいます。このようなデメリットを理解した上で、個人再生という選択肢を考えてみましょう。

ローンを滞納してしまっている場合は原因を探る・任意整理・個人再生などで対処するべき

ローンを滞納してしまったときの対処法について見ていきました。ローンを滞納してしまった際は、原因を究明し、それぞれ適した対処をするのが非常に重要です。どの方法にもメリットやデメリットがあるため、安易に決めてはいけません。スムーズでスピーディーな対応策を考えると共に、それぞれの特徴を理解して、後悔のない選択が出来るように意識しておきましょう。ローンを滞納した際の対処において、理解と対策はとても大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK