滞納処分による差押を避けるための方法

2017年1月16日滞納

滞納処分では差押の前に延滞税の支払いがある

Gf01a201503181300

滞納処分には延滞税というものがあります。滞納処分の中でも比較的軽い方ですが、税金の支払いに変わりありません。しかし、率がどれくらい加算されるかは、滞納期限によって異なります。財産差押を避けるには、税金の支払いが肝心です。納税は国民の三大義務の1つで、日本国籍を持つ日本人である以上、納税は必ず従わなければなりません。

延滞税を支払わずに無視し続けると差押される

延滞税を支払えば滞納処分は解除され、差押どころか督促状という書類を見ずに済みます。滞納処分から差押までの流れについて説明していきましょう。先ほど説明した延滞税から始まり、支払いの確認がないときは督促状が届きます。数日間、支払いの確認がないときは催促の電話があり、そのあいだ滞納者の財産などを市役所が調査を行うのです。それでも無視した場合、差押という行政執行が下されます。

滞納処分の差押を避けるには無理のない税金の支払い方法が重要

滞納処分の差押を避けるには、税金の支払いが何よりも肝心です。税金の種類によっては、月1ではなく年に何回かの支払いというものがあります。負担を軽くするために月1の支払いに選択するという人もいるようです。滞納処分の差押を避けるには、こうした支払い方法が重要になってきます。そのため、支払方法などについて市役所に相談するなどの対応をしましょう。市役所へ事前にアポを取っておくと、スムーズに進みます。

差押の前に税金の支払方法を見直す

ほとんどの人が口座の引き落とし、またはクレジットカードの支払いを選択するでしょう。その方が滞納の確立は少ないですし、わざわざ請求書を持って窓口に足を運ばなくて済むのです。市町村によっては支払方法が異なり、都市部であれば地方より幅広くなってきます。滞納処分の差押を避けるには、まず支払方法を考えてみましょう。

滞納処分で差押した財産は公売され税金に充てられる

差押さえられた財産はインターネットオークションなどに公売され、滞納分の税金に充てられます。また、滞納処分によって差押さえる財産にも種類があるので覚えておきましょう。現金はもちろん、預貯金、不動産、車やテレビなどの動産、売掛金等の債権、有価証券、電話加入権、そして生命保険や損害保険などが差押の対象となります。しかし、差押の対象となった不動産の住居には、滞納者はそのまま住むことができるのです。

家族の所有物にも影響する場合がある

家族と一緒に住んでいるのなら、影響は一部あります。本来、差押の対象は滞納処分を受けた滞納者です。家族が実費で購入したものは対象外となります。しかし、家族にとって財産差押というのはあまり良い気分ではありません。滞納処分を受ける前に、まずは相談するのが大事です。相談せず放置していれば、滞納処分となるので注意が必要になります。

滞納処分の差押は延滞税を支払えば回避できるが支払えない場合は市役所に相談しよう

公平性を保つための滞納処分ですので、現実的に言えば、滞納する人が悪いということになります。そうなる前に支払うのが常識ですね。財産の差押は、自分や家族に迷惑をかける行為であるのは間違いありません。それだけでも生活に影響が出ます。納税は国民の三大義務ですので必ず支払いに応じ、支払いが困難であれば市役所に相談しましょう。黙っていては解決しないのを忘れないようにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK