生活費が足りないと悩んでいる人が試したい対処法

生活費

生活費が足りなくなる場合はその他の費用を見直す必要がある

Hair 863698 960 720

生活するだけに十分なお給料をもらっているにも関わらず、生活費が足りないと感じる人は、生活費以外にかかる費用が多い可能性があります。趣味はもちろん大切ですが、生活できなくなるほど収入に対する割合を占めて良いものではありません。また、イレギュラーな出費が多いことも気が付いたら、生活費が足りないという事態になりかねません。

1ヶ月に必要な生活費の分配を考える

生活費が足りないと考えるときに、まず自分が1ヶ月それなりの水準を保って生活をするためには、どのくらいの生活費が必要なのかを弾き出す必要があります。物へのこだわりや嗜好などにより、必要とする生活費は人それぞれです。他人を参考にするのではなく、まずは自分はどうなのかを考え、具体的な数字を把握しましょう。

生活費が根本的に足りない時は転職も視野に入れる

時には、生活費が根本的に足りない場合もあります。仕事で支払われる給料が単純に低賃金なのであれば、生活費が足りる程度に稼げる仕事への転職を考えるのもひとつの方法です。また、給与に見合わない高い生活水準の生活費がかかっているのであれば、その内容の見直しをします。単身で生活をしている人は、家賃が給与の大半を占めている場合もありますので、住む場所の見直しも検討する必要があるでしょう。

シンプルな生活を心掛けて無駄遣いを減らす

生活費が足りない時、知らず知らずのうちに無駄使いをしている場合が良くあります。世の中には便利なものがたくさんありますが、実はなくても平気なものもたくさんあります。生活費が足りない時は、自分にとって必要なものか、使うのか、毎日のルーティーンにして良いのかを見直しましょう。シンプルな生活を心掛けるだけで、実にスマートな暮らしをすることができ、結果的に生活費が足りない状況をなくせます。

生活費は食費以外の費用を調節する必要がある

生活費とひとくくりにしていますが、その中には食費や日用品費、被服費や娯楽費、交際費などありとあらゆるものが含まれています。生きていくために欠かせないものは、やはり食事です。食費は健康な生活を送るためにも必要になり、医療費の負担軽減にもなるので無理に減らすことはせず確保したいものです。その他の部分で回数を減らす、量を減らすなどやりくりをし、生活費が足りないということにならないようにしましょう。

1週間に使う金額を設定すると支出のリミットを決められる

理論はわかっていても生活費をうまく分けて生活することができず、気が付くとお金を使いすぎてしまっていて生活費が足りない事態に陥る人がいます。細かい勘定を、すべて頭の中に叩き込むのは難しいです。家計簿を付けたり、何にどれだけお金を使用するか決めたり、1週間に使う金額を定めたりしましょう。そうすると、支出のリミットを決めることができ、やりくりしやすくなります。

生活費が足りない人は1週間に使える金額を設定して支出のリミットを把握することで無駄遣いを減らそう

生活費が足りないと思っていたけれど、一度見直してみたらお金の使い方を間違っていたと気が付くことがあります。お金はたくさんあったほうが良い、生活費も悩まずいくらでも使えたほうが良いのかもしれませんが、やりくり上手は自分の労働したお給料を大切に使う第一歩です。足りないと考える前に使い方を見直してみませんか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス