生活費が足りない時にとるべき対処法4つ

生活費

生活費が足りない時の対処法①:相談

Calculator 385506 640

生活費が足りない時という状況には二つあります。一つは世帯収入が支出に見合わない場合、そしてもう一つがお金を夫が握っていて、月々渡される生活費で妻がやりくりを出来ない場合です。どちらも、一人で悩まず、まずは家族そして、家族だけでは解決できないのなら公的期間などに相談をしてみましょう。改善されることが多いです。

家族や公的機関に相談してみる

生活費が足りない時は、一人で悩まずに家族に相談をしてみましょう。家族で問題を共有し、支出を減らし、収入を増やす方法を探してみましょう。たとえ独立していても生活費に難儀しているようならば親に相談してみれば一時的な援助を受けられるかもしれません。また、公的機関に相談をすると低所得者向けの融資や補助などが受けられることがあります。

生活費が足りない時の対処法②:食費費・固定費の見直し

生活費が足りない時はまず、支出を減らし、収入を増やす工夫をしましょう。生活費の節約はとくに固定費を見直すのがおすすめです。一度減らせば毎月低く抑えられます。保険費などは必要最低限にしましょう。通信費なども格安携帯に乗り返れば大幅のダウンが期待できます。あまり使わないのなら車やバイクを手放すのも一つです。

生活費が足りない時の対処法③:副業

生活費が足りない時は節約が大切ですが、節約には限度があります。副業を探すのも一つの方法です。一日単位で働けるいわゆる単発派遣ならば休日を利用して働くことができます。また、内職や在宅ワークならば隙間時間を利用して効率よくお金を稼ぐことができます。小さな子どもがいたりして外で働きにくい人にもおすすめです。

生活費が足りない時の対処法④:借金

借金をする前に、まずは崩せる定期預金や満期になっている保険などが無いか調べてみましょう。数万円の生活費のために将来の為に溜めて置いた貯金を切り崩すのはためらう人もいますが、そのための貯金だと思いましょう。

借金は最終手段と考え必要な分だけ借りる

生活費が足りない時でも借金は最後の手段です。カードローンなどは手軽にお金が借りられるイメージが強く、実際にその通りですが、借金には利子が付きます。借金を返すために借金を繰り返し、利子が膨れ上がったり、陀重債務者になってしまわないように気を付けましょう。どうしても借りる場合は最低限の額を借りるようにしましょう。

生活費が足りない時の対処法は「相談・生活費や固定費の見直し・副業・借金」の4つ

生活費が足りない時にとる対処法について見ていきました。生活費が足りない時は、まずは一人で悩まずに家族に相談しましょう。家族だけでは解決できない場合は自治体に相談してみるのもおすすめです。また、生活費が足りない時は、支出を減らす工夫と収入を増やす努力をしましょう。借金、とくにカードローンなどは最後の手段として、必要最低限の額だけを借りるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス