源泉徴収票を紛失した場合に再発行してもらう方法

再発行, 源泉徴収票

社会人でも源泉徴収票の役割を知らない人が多い

Binding contract 948442 1280

社会人になって毎年の恒例行事として年末調整に慣れない人も多いものです。けれども給料から天引きされる所得税が還付として戻るのは嬉しいものです。そして交付される源泉徴収票も、単なる報告書として認識している人も少なくありません。紛失してもそれほど気にはしない人もいるものが事実です。

源泉徴収票は所得証明であり身分証明にもなる

源泉徴収票とは、所得税還付の単なる報告書ではなく所得税を納めた証明書でもあります。そしてそこには、課税所得が記載されているので、所得証明としての役割も持つものとなります。例えばいずれ家を購入するような時、住宅ローンの借入れを申請する時にこの源泉徴収票を求められます。そのために、安易に紛失することのないように保管する癖をつけておいた方が良いものです。

源泉徴収票を紛失しても会社が再発行してくれるので安心

源泉徴収票は厳重に管理すべき書類ですが、それでもついうっかりと、紛失してしまう事態はあるものです。そのような時には、会社に頼めば簡単に源泉徴収票を再発行してもらえます。というのも、その内容に誤りがあればすぐに対処して、再発行できるように管理しているからです。会社員として会社に所属する限りは、特に心配する必要は無いわけです。ただし問題は、退職した後の話です。退職後に別の会社へ転職した場合、源泉徴収票が必要になるのです。確定申告の際の医療費控除などが該当します。この場合、紛失した源泉徴収票の再発行は前の会社に申請すればよいのでしょうか?

退職時のトラブルにより源泉徴収票を出さない会社もある

特に円満退社とはならずに、何かしらのトラブルを抱えていた場合、源泉徴収票の再発行を渋る会社があるのも確かです。もちろん、発行そのものは義務付けられているので、退職後にきちんと送ってもらうよう頼めます。ただし紛失した場合には、実際には難しいケースもあります。例えば確定申告を行う必要がある場合などに源泉徴収票は必要となるので困るわけです。確定申告できなければ、税金の控除を受けられないため、損をする場合があります。

会社が駄目でも源泉徴収票の再交付は税務署で行える

紛失した源泉徴収票が退職などで必要になった場合にも関わらず、再発行してくれない場合には、税務署へ相談するのもひとつの手段です。会社は源泉徴収票を2部作成して、1部は税務署へ提出するからです。ただし年間の収入が一定の基準に満たない場合には、その必要はないので注意が必要となります。もし控えが税務署にあれば、コピーを貰えます。

源泉徴収票の再発行が無理でも別の書類で対応できる

けれども、税務署に源泉徴収票の控えが無ければコピーの取りようも無いわけです。そのような時には、まず何のために源泉徴収票が必要になるのかを把握することが大丈夫です。ローンの申し込みのように、所得の証明としてならば、役所で発行してもらう所得証明の方が効力はあります。ただ、いずれにしても面倒な事態とならないように紛失だけは避けるのが無難です。

紛失した源泉徴収票は会社か税務署で再発行されるが自分で管理することが大事

源泉徴収票は所得の証明となるために、紛失しないような保管方法を探すことが必要です。医療費控除のために確定申告をしたり、あるいは住宅ローンなどの借入れに必要となるからです。会社に勤めているのなら、申請すれば基本的に再発行されます。それでもいつの間にか紛失してしまうのであれば、税務署へ問い合わせましょう。そこに源泉徴収票の控えが提出されていれば、コピーを貰えるからです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス