個人事業主が資本金を記載しない理由

個人事業

個人事業主には資本金の記載という概念がない

Tall skyscaper buildings sky 720x480

会社を設立している方は、資本金という部分を記載することになっていますが、個人事業主には記載するという概念はありません。記載しなくてもいいので、資本金0円からでも始めることは可能ですが、そのようなことは事実上不可能となっています。資本金を記載する必要がないからといって、無一文では心もとないです。始める場合は個人事業主として仕事をするためにも、少しでもお金を用意しておかなければなりません。

資本金の記載はないが開業資金は必要

個人事業主として開業する場合は、資本金という部分は書かなくてもいいですが、結果的に開業するために必要な資金はあります。これを用意しておかないと、確実に経営は行き詰ってしまうこととなってしまうので、資本金のようなものは用意することとなります。個人事業主でもお金を用意しないと、すぐにお金が足りなくて困ってしまうこととなり、経営が続けられません。

個人事業主の事業立ち上げ費用は100万円ほどあれば安心

資本金に記載する必要性はありませんが、個人事業主が仕事を始めたいと思った時、どれくらい用意するのかは考えることとなります。一応100万円くらいは用意しておくことで、資本金と同じように始められるようになり、失敗した時の支払いも楽になります。個人事業主で大々的な仕事を考えているなら、さらに高額な費用を用意することとなります。

事業内容に合わせて資本金を変える

個人事業主の場合、仕事に合わせて金額を考えておくといいので、最低でも100万円という数字を基準にして合わせていきます。多くの費用が必要となるような仕事であれば、200万円以上を用意しておかないと駄目な場合もあります。個人事業主でもすぐに稼げるということであれば、資本金が100万円程度でも何とかできて、収入でやりくりすれば対応できることもあります。記載の必要がないため、見栄を張る必要はありませんね。

個人事業主でも資本金0でやっていくのは厳しい

会社では0円会社と呼ばれるようなものもありますが、個人事業主は資本金が無い状態ではなかなか難しい部分を持っています。資本金の代わりに開業資金などが該当することとなりますが、0円というのはどのような方法でもかなり難しいのです。個人事業主で0円を目指していく場合は、余程のスキルを持っているだけでなく、すぐに稼げるという仕事を見つけなければなりません。

稼げる仕事を見つければ容易になることも

最初のうちは貯金などを崩して対応していくこととなりますが、すぐに個人事業主で稼げるようになれば、資本金が無くても対応できるケースがあります。ただ成功する可能性が引くことに加えて、稼げるかどうかというのが非常に重要となるので、基本は資本金を用意します。個人事業主で成功する人なら、0円から始めても成功するチャンスはあります。

個人事業主には資本金の記載は不要だが安心できるだけの開業資金は用意しておこう

個人事業主には資本金の記載が不要となっているので、事実上資本金という概念自体は存在していないことになります。ただ開業するために必要なお金が必要となるので、結果的にお金については用意しておかなければなりません。0円から始めるのは相当苦労することとなり、個人事業主が成功するためにはそれなりに用意しておくのが一般的です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス