携帯料金を滞納した場合に取られる処置

携帯料金

携帯料金未納が続くと一時的な利用停止処置がとられる

A

携帯電話の利用毎に徴収される携帯料金は、クレジットカードや指定口座からの振替など、幾つかの方法を通じて支払い可能です。例えば、指定口座に料金分の資金が無い場合、携帯電話会社からの引き落としに対して、支払いが行われず、携帯料金が未納となってしまいます。この状態が継続したまま放置されてしまうと、契約している携帯電話の、一時的な利用停止処置がとられます。

支払い請求に応じないと最終的には契約の強制解除をされる

携帯料金の引きおとしができなかった場合、その旨の連絡通知が行われます。併せて、別途指定日に、再度振替や引き落としが、実施される旨も通知されます。ですので、その日時までに、支払い口座に携帯料金分以上の資金を、あらかじめ入れておく必要があります。この際、まだ資金が入っていない場合には、再度、振替用紙による振込を行うよう、書面が送付されてきます。そして、振込をそれでも行わなかった場合は、滞納扱いとなり、最終的には一定期間の停止後に、契約自体の強制解除へと至ります。

機種代などの割賦支払いの滞納は信用情報へ記載される

近年では、購入する携帯電話やスマートフォンの機種代を、24ヶ月など所定の期間内で分割して支払う「割賦方式」が、採用されています。この方式を使用していれば、毎月支払っている携帯料金の中には、機種代に相当する割賦金も含まれています。これらを滞納した場合、利用停止処分とは、また別のリスクがうまれます。それが、信用情報への記載です。

信用情報へ記載されると他の契約で拒否される可能性が高くなる

携帯電話のうち、通話料や通信料、基本料などの携帯料金については、毎月請求される費用として計上されています。ところが、機種代を分割して支払う、割賦金についてだけは、いわゆるクレジット扱いとして処理されています。このため、携帯料金の中に含まれている、割賦金を滞納してしまうと、信用情報に、滞納した事実が記載されてしまいます。この信用情報とは、クレジットカードやローンなど、特定の金融商品の契約時に参照される、個人情報の一種のことです。ここに、携帯料金の滞納の経歴が記載されてしまうと、他の金融商品の契約時に、拒否される可能性が高くなるのです。

携帯料金の滞納期間に応じた延滞利息が発生する

滞納した分の携帯料金は、本来、携帯電話会社が入手可能な利益ですので、それが徴収できなければ、携帯電話会社が入手できる資産が、正しく支払われていない事実を現します。そして発生するリスクが、延滞利息金です。お金を貸し付けた場合に発生する利息と同様、本来支払うべき携帯料金を滞納することで、携帯電話会社の資産を、契約者が不法に占拠していると見なされ、滞納期間に応じた延滞利息が発生するのです。この延滞利息には、最大14.6%の上限年利が認められており、一般的なキャッシングと同程度の、高い利率がかけられます。

滞納による契約の解除はおおよそ3ヶ月がリミット

発生する各種携帯料金を滞納し続けた場合、最終的には契約自体が、強制的に解除されます。ただし、携帯電話会社も、それはできるだけ避けたい対応と位置づけていますので、滞納者に対して、一定期間の猶予を設けるなどして、迅速な対応を促しています。実際に携帯料金を滞納し続けた場合、最終的なリミットは、おおよそ3ヶ月前後というのが一般的です。強制解約を防ぐには、この期間中に、滞納分を必ず納めてください。

携帯料金を滞納すると3ヶ月で契約の強制解除となり機種代の割賦金も未払いだと信用情報にも記載される

生活に欠かせない便利なツールとして、一般的にも浸透した携帯電話は、その利用に応じて、携帯料金が発生します。万が一、何らかの理由からこの携帯料金を滞納し続けた場合、契約の強制解除を含めた、厳しい処置が行われます。また、機種代の割賦金を合わせて滞納してしまうと、金融商品の契約時に参照される、信用情報にその旨が記載されてしまうなど、後々にも多大なリスクを被る可能性があります。十分に気を付ける必要があるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職