国税滞納処分の内容と支払いができない場合の対処法

国税

国税の最終的な滞納処分は財産差押え

Trouser pockets 1439412 960 720

国税を滞納すると、まずは延滞税がかかります。これは、支払いの期日が過ぎても支払わなかった場合の処分です。滞納処分の中では、比較的に軽い方です。また、延滞期間が長引けば長引くほど延滞税が重くのしかかります。それでも国税の支払いが確認できなかったら、督促状が送付されます。最後に、行政処分として財産差押えになります。また、行政執行中の妨害行為は刑事罰になるので注意が必要です。

滞納した国税や地方税を含む税金の回収を目的に行われる

財産差押えとは、簡単に言えば財産の押収です。生活に必要な食料や食器、調理器具などは対象外となりますが、食器と調理器具に高い価値があったら財産差押えの対象となります。財産差押えの目的は、滞納した国税や地方税などを含む税金に充てられます。財産差押えで税金の支払いに余った資金は、滞納者に戻されます。滞納者にとってのメリットは、余った資金が戻るというところだけです。

国税を滞納しないためには支払い方法を工夫する必要がある

国税を滞納しないようにするために、どうしたら良いか考える必要があります。国税にも、支払方法というのがあります。納付書・口座引き落とし・クレジットカードの3つです。基本的に、口座引き落としが無難でしょう。支払い忘れの確率が低いからです。また、クレジットカードを使った支払いにも、支払い忘れが少なくなるメリットがあります。

年に数回の支払いを月1に変更することもできる

国税は、場合によっては負担が重くのしかかります。税金の種類によっては、年に数回の支払いが定められている場合があるのです。年に数回の支払いは確かに負担がかかりますが、月に1度の支払いに変更することができます。その方が負担が少なくて済みますし、月1の支払いですので、そういった慣習を身に付けることができます。支払うのに変わりはありませんので、自分に合った支払方法について相談しても良いでしょう。

国税を滞納してしまったら早めに支払うか市役所に相談する

国税を滞納してしまった場合は、すぐに対応しましょう。国税を滞納すると、滞納処分という行政処分が下されます。現実にそうなってしまったら、延滞税が多くかからないうちに支払うのが最善です。どうしても滞納せざるを得ない場合には、まず市役所に相談することです。相談せずそのまま放置したら、財産差押えにやってきます。そうなる前に、市役所に相談しなければなりません。

国税を滞納する理由によっては延滞税が免除になる可能性がある

単純な理由であれば、職員は容赦しません。しかし、入院していて支払いが滞ってしまったなどという理由については、場合によっては延滞税がかからず、そのままでの支払いが可能です。どんな理由であれ、滞納はよくありません。相談しないのはもっとよくありません。税金が支払いたくても支払えない場合、先ほど申したように相談することが大事です。

国税滞納処分を受けると財産差押えになるため支払いが出来ない場合は市役所に相談しよう

いかがでしたか。国税の滞納は良くありません。支払い期日内にしっかり支払うことが大事です。しかし、いつどうなるかわかりません。国税の滞納が避けられない時期というものがやってきます。そのときは市役所などに相談しましょう。アドバイスがもらえるなど親身に対応してくれます。国税の滞納をしないために、きちんと支払うようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職