【所得のルール】学生アルバイトでも税金が取られるケース

アルバイト, 税金

学生アルバイトでどんな人が税金を引かれるの?

Waiting 410328 640

どんな人が学生でアルバイトをしている身でありながら税金を取られてしまっているか、という事を最初に説明したいと思います。その事がわかれば、自分はどうであるのか、今後どうなるのかという事がわかりやすいのではないでしょうか。

実は学生アルバイトは全員税金を引かれている

ひっかけ問題のようで申し訳ないのですが、実際のところはアルバイトをしている方であればどなたも税金を実はひかれています。源泉徴収という形で毎月ざっくり税金がひかれていて、もらう給与はその税金がひかれた後の金額になっているのです。

アルバイトの年間給与が103万円以下の場合税金は戻って来る

学生のアルバイトであっても、等しく税金は徴収されているという事はわかったと思いますが、この徴収されてしまった分のお金は、年間給与が103万円以下で扶養から外れていない人の場合には、かえってくるので安心をしてください。

確定申告で徴収された税金を取り戻そう

ただかえってくると言っても、黙っていては残念ながらその税金はかえってきません。自分でしっかりと確定申告を行わないといけないのです。

方法としては、バイト先から源泉徴収票をもらってきて、給与合計額とあわせて申告をする事で、必要な還付を受ける事ができると言えるでしょう。

学生アルバイトのうち自分で確定申告をしなくていいケース

A0055 000756

学生アルバイトであっても、全員が毎月税金をひかれる事になるといいましたが、例外もあります。それは、103万円以下の合計給与で、かつ勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している場合です。この場合には、実は月に8万8千円以下であれば源泉徴収されません。

月に8万8千円を超えても年間103万円以下なら確定申告で戻ってくる

この場合においても、月に8万8千円以上を稼ぐと、源泉徴収の対象になるというのは、このペースで年間通して働くと103万円を超えてしまうからです。では、103万円をこえたらどうなるのでしょうか。

答えは扶養を外れて、親の税金の負担が増えるとともに自分も所得税などがかかってくる結果になります。8万円8千円をこえてしまった月があり源泉徴収されたとしても、年間で103万円をこえていなければ確定申告にてお金は返ってきますので、ご安心ください。

基本的に全ての学生アルバイトが税金をとられる可能性がある

基本的には全ての学生アルバイトが税金をとられるのですが、扶養控除申告書を提出する事によって、月に8万8千円までは税金をとられる事はありません。

それをこえて源泉徴収されてしまったとしても、103万円までは確定申告をすればとられた分の税金もかえってきます。また、扶養控除申告書をとらずに毎月徴収された場合にも、103万円以下であれば確定申告で取り戻せますので覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職