電気代を滞納した際に陥る状況と取るべき対応

2017年1月16日光熱費, 滞納

電気代を滞納すると2ヶ月程度で電気が止まる

Light bulbs 1125016 960 720

電気代を滞納すると、だいたい2ヶ月程度電気が止まるようになっています。地域や会社によっても違うものではありますが、だいたいのところで50日から60日程度となっているので、だいたい滞納状態が2ヶ月程度続いたら電気が止まると思っていて間違いないでしょう。ですので、滞納状態は2ヶ月以内に解消しないとなりません。

2か月分の電気代を請求される

当然ですが、電気代を滞納して、電気が止まりそうになるころには、2ヶ月分の電気代を請求されます。それはそれで電気代が払えないケースになる可能性も高いと言えるでしょう。2ヶ月分の電気代を一気に払うのは、厳しいものですので、出来れば最初から滞納しないように心がけるのが重要です。

電気代を滞納してもいきなりは止まらない

電気代を滞納して2ヶ月程度たったからといって、その段階でいきなり電気が止まるということはありません。電気代を2ヶ月滞納していても、電力会社は割と親切なもので、止まる前には「あと何日いないと払わないと止めます」というような連絡をくれるのです。ですから、それまでになんとかして滞納状態を解消する必要があるでしょう。

5日前程度前に電気会社から連絡が来る

その電気を止めますという連絡は、だいたい電気を止める5日前くらいにきます。ですから、その連絡がくる前になんとかして、電気代の滞納状態を解消する必要があるでしょう。電気代が滞納状態にある方は、連絡から5日以内にお金を用意するのは難しいかもしれません。ですので、早めに金策に動いていく必要があるといえるでしょう。

電気代が払えない時には会社側に相談できる

滞納状態の電気代が払えない時には、会社側に相談できます。もちろん真摯に相談しても、こちらの要望を完全に聞いてもらえるかどうかは、状況によるでしょう。分割などに応じてくれるケースもあるでしょうし、最低限あと数日猶予をもらえる可能性は高いですから、その相談にも意味はあります。ですので、速やかに連絡をしてみてください。

相談しないで電気が止まると契約解除になる

もし電気代を滞納していて、電気を止めるという連絡がきても何もしないでいたら、送電停止の後、契約解除になってしまいます。そのあとの手続きはとても面倒になるでしょう。ですから、何としてでもそうならないうちに連絡して、相談してみるべきなのです。相談しないよりは事態が良い方向に向かうのは確実です。

電気代を滞納すると2ヶ月で連絡がきて止まるのでそうなる前に会社側に相談するべき

電気代を滞納した際に陥る状況と取るべき対応について見ていきました。電気代を滞納すると、2ヶ月程度で連絡が来て電気が止まり、後に契約解除となります。ですので、そうなる前に相談をするか、なんとかしてお金を用意して滞納状態を解消する必要があります。もしも滞納しそうな場合は、上記の対応を参考に行動してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK