公共料金を滞納してしまいそうな時の対処法

2017年1月16日公共料金, 滞納

公共料金を滞納すればライフラインが止められる

A

公共料金は、電気とガスと水道、つまり、生活に直結するライフラインの料金を意味しています。この公共料金を滞納し続けると、ライフラインが止まります。その他の公共料金としては、バスの運賃などの交通費、通信費なども含まれます。もし、滞納してしまった場合には、止められる前に支払いを済ませなければいけません。

税金よりも公共料金の支払いを優先するべき

公共料金の滞納は、生活に支障をきたします。そのため、まずは支払いを優先しなければなりません。優先順位としては、税金より公共料金の支払いが優先となるでしょう。もちろん税金も、必ず納めなければなりませんが、公共料金の滞納は何がなんでも避けなければなりません。理由としては、ライフラインが止まれば生活に支障をきたし自らの生活を圧迫する恐れがあるからです。

公共料金の中で最優先なのは水道光熱費

公共料金と言っても、色々と種類があります。水道光熱費は公共料金に含まれますが、その他にも通信費と交通費も含まれます。そのため、どの公共料金に対して支払いを優先すれば良いのか、考える人は多いです。公共料金において、最も優先すべきは水道光熱費でしょう。水道光熱費は、電気・ガス・水道の料金ですので、絶対に支払いを優先するべきですし、滞納も許されません。そして、その次が通信費です。交通費は省いても生活に大きな問題はありません。しかしなるべく、全ての公共料金において滞納は避けるようにしましょう。

オール電化では支払い比率の変化に注意

公共料金を滞納して支払いが必要な際には、自分の中で無駄となる物を省いて、必要となる物を優先してください。絶対に支払わないといけないのは、水道光熱費である電気・水道・ガスと、生活において使う機会の多い灯油です。オール電化の住居であればガスと灯油は必要ありませんが、その分の電気料金の負担が重くなる点を、認識しておきましょう。

公共料金の支払い方法は3通り

では、公共料金の支払方法を見ていきましょう。一般的な支払方法は「請求書」「口座引き落とし」「クレジットカード」の3つです。口座引き落としを設定すれば、支払い忘れによる滞納は、簡単に防げます。各家庭にもよりますが、電気と水道とガスは、安くも高くもありません。それら節約によって左右されますので、今よりも安くできれば、滞納をせずに済むでしょう。

公共料金を滞納しそうな時は支払日の延期を求める

公共料金の滞納が避けられない場合、まずは相談して、支払日の延期を求めましょう。支払う意思があると示せれば、通ります。しかし、多くは基本的に、一括払いです。滞納分の分割払いは可能ですが、信用に関わるのは、間違いありません。まずは滞納を避けるためではなく、滞納しないようにするためという認識を持つようにしてください。滞納しそうな時には、節約して乗り越える必要があるのです。

優先して払うべき公共料金が滞納しそうな時は節約するか相談して支払日の延期を求めよう

公共料金を支払い続けるには、計画性を持たなければいけません。各家庭によって支払額が異なってきますが、滞納だけは、避けるべきでしょう。公共料金は、基本的にそれほど大きな額ではないので、支払い続けることが可能なはずです。滞納が怖い方は、なるべく節約して、使い過ぎないように心掛けてください。節約は、慣れれば滞納も防げるうえに楽しいですので、一石二鳥です。公共料金を滞納すれば、生活に影響を及ぼすことだけは、絶対に忘れないでくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK