専業主婦のカードローンを借り入れられる可能性と注意点

カードローン

専業主婦は無収入なのが悩みどころ

Breakfast 923928 960 720

家計を預かる専業主婦は、急な出費が必要となることもあります。そんなときに、カードローンを自分名義で借りられればとても便利です。しかし、貸付に際しては多くの会社で20歳以上であり、安定収入があることがその条件とされています。20歳以上であっても、専業主婦であれば本人は無収入であるため、ローンを借りられないのでは?という心配を持つ人も少なくありません。

「配偶者の収入でもOK」のカードローン会社がある

専業主婦は安定収入がないため、カードローンを借りられないのでは?と思いがちですが、実は専業主婦でもOKのカードローン会社はあります。但し書きで、「配偶者の収入でもOK」と書いてあるところは、専業主婦でも借り入れ可能な会社です。多くの会社で、そのような方式を採用しています。

専業主婦は総量規制を配偶者の年収と合算して考える

現在の貸金業法では、総量規制によって、年収の3分の1を超える金額の貸し付けは禁じられています。そうすると、専業主婦はカードローンを借りることはできないのでは?と考えがちです。しかし、総量規制には例外がありあります。「配偶者と合算して年収合計の3分の1を超えない貸付け」という条文があり、これにより専業主婦でも借り入れが可能となっています。

配偶者の収入では借り入れできない会社もある

専業主婦のカードローンの借り入れについて、OKの会社もあります。総量規制の影響を受けない銀行はもちろん、影響を受ける消費者金融であっても例外にあたるのです。このように、借り入れOKの会社が多いのも事実になります。しかし、カードローン会社によっては、あくまで本人の収入のみで、配偶者の収入では借り入れできない会社もあるため、借り入れの際には注意が必要です。

専業主婦は高額の借り入れができない傾向にある

専業主婦がカードローンに申し込む際、配偶者の収入で借り入れができるというメリットもありますが、反面デメリットとして、あまり高額の借り入れができない傾向にあります。上限が30~50万円程度のところが多く、配偶者の収入が高額であっても、本人に収入がないと限度額は低めの設定になるため、借り入れには注意が必要です。

高額融資を希望する専業主婦は自分で働く必要がある

専業主婦がカードローンを申し込むデメリットには、あまり高額の融資が期待できないケースが多いとご紹介しました。本人名義で高額の融資を希望する場合には、自分で働く必要があります。しかし、勤務歴の浅い派遣やパートであれば、それほど高額の融資は期待できないため、長期的な展望にたってキャリア形成をしていく必要があるでしょう。

専業主婦は配偶者の収入でもOKのカードローン会社であれば借り入れ可能だが高額な融資はできない

いかがでしたか。専業主婦のカードローンの借り入れ可能な会社は存在します。原則20歳以上で安定収入があることがカードローン会社の貸し付け条件ですが、配偶者の収入でもOKという会社もあるため、専業主婦がローンを組む際にはそのような会社を利用しましょう。専業主婦の場合はあまり高額の融資は期待できないことが多いのがデメリットといえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職