自営業がカードローンで借り入れをする際に注意すべき点

2016年11月29日カードローン, 自営業

カードローンは銀行と消費者金融の2タイプがある

Hands 1319624 1280

カードローンは一定の収入があれば職種に関係なくパートやアルバイトでも融資の申請が可能なローンです。自営業という理由だけで審査に落とされることはありません。カードローンは融資限度額の範囲内なら、何度でも借り入れ回数に制限なく、借り入れと返済が可能です。カードローンには銀行と消費者金融の2つのタイプがあり、金利はそれぞれの金融機関によって異なります。しかし、1週間以内や30日以内の返済であれば無金利のローンもあるので、少額融資の場合は自営業者にも返済しやすい無金利のタイプがおすすめです。

会社によっては自営業者専用カードローンもある

自営業を対象としたカードローンを設けている会社もあります。このサービスの場合、融資限度額は300万円まで、即日審査も可能です。また、事業資金を目的とする必要がなく、個人の利用目的のために借り入れが可能です。お金の引出は、プロミスのATMや提携先のATMで簡単に行えます。自営業者専用のカードローンなので、申請時も安心して手続きを行えます。

カードローンはネットや無人契約機で手続きできる

カードローンを利用するメリットは、窓口で手続きを行う必要がない点です。インターネットや無人契約機を利用する場合、融資希望金額と返済方法を入力し審査を経て契約が完了します。ローン会社によって条件は異なりますが、平均的に300万円程度までの融資であれば本人確認の書類や所得証明書などの書類提出が不要なので、審査に時間がかからず数分以内に審査完了となります。

融資の審査に数日かかる可能性もある

ローン会社によってカードローンの申請受け付け時間が異なる場合があります。自営業であるから審査がいつも優遇される訳ではありません。また融資希望金額が高額であれば審査後に書類の提出が必要な場合や、手続きに時間がかかるため、即日融資の契約ができない場合があります。すぐに借り入れができると思いがちですが、借り入れ金額の引出には数日要することがあると理解しておきましょう。

自営業者は返済可能な範囲での借り入れが大事

自営業者がカードローンで借り入れを行う場合は、返済可能な少額の金額を設定することをおすすめします。自営業者は一般的にサラリーマンと比べ、ローン会社からの信用が低いため、高額の融資を申請すると手続きに時間を要する場合が多いです。自営業での収入が変動的であっても、無理なく返済可能な金額の借り入れを行いましょう。

カードローンには利息が発生する点に要注意

カードローンで借り入れを行うと、借入額と金利に応じて利息が発生します。自営業専用のカードローンであっても、利息が免除されることはないので注意しましょう。借入金額にもよりますが、返済回数を少なくし短期間で返済すれば利息は少ないです。返済回数が多く長期間での返済になると利息は高くなります。無金利以外の返済内容であれば、借り入れ金額に利息を上乗せした金額を返済であると理解しておきましょう。

自営業者もカードローンの利用ができるが借入額の設定や利息が発生する点に注意が必要

一般的なローンでは、自営業であることからローン申請時に複数枚の書類提出や細かい審査があり、手続きに手間がかかります。しかしカードローンは融資金額が少額であれば自営業者でも書類提出不要や即日審査可能なので、比較的利用しやすいです。また、ローン会社によって自営業者専用のカードローンもあるので、急にお金が必要な場合は気軽に利用可能です。利便性の高いカードローンは自営業者におすすめです。しかし、借入金の設定や、利息については注意しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK