固定資産税が払えない場合に起こりうる罰則

税金

税金が払えないと脱税になり罰せられる

Dollar 499493 640

日本国民には、納税の義務があります。納税とは、税金を納めることを意味します。そのため、脱税をしてしまった人は、罰せられることとなります。では、そもそも、なぜ税金を納めなければならないのでしょうか。日本人として、納税をするのにどのようなメリットがあるのか示していきます。

税金は公共サービス等を受けるのに重要

日本国民が納税をすることによって、公共サービスの面がきちんと機能するようになるのです。また、国民が納めた税金は、社会保障という点にも充てられます。そのため、人々が不便を感じずに生活できるように、税金を納めるのは非常に重要になるのです。また、納められた税金を適切に使用していくのは、国の役割でもあります。払えないような事態にならないようにしましょう。

所得税や消費税などの種類がある

税金の種類については、1つではありません。所得税や消費税、酒税やたばこ税など、他にも多くあります。また、税金は、国税と地方税とに分類できます。国税には、所得税をはじめとして、贈与税や相続税などが含まれるのです。それに対し、地方税には、自動車税や事業税などが含まれます。次に、固定資産税について説明していくこととします。

固定資産税は市町村税にあたる

税金の中には、固定資産税と言われるものがあります。この固定資産税は、地方税の中でも市町村税にあたる税となっているのです。また、日本で生活をするすべての人が、固定資産税を納めなければならないというものではありません。家や土地などの資産を持っている人に、納税義務があるという点が特徴となっているのです。

固定資産税が負担になって払えない人もいる

どの程度の固定資産税を納めるのかという点は、ケースによって異なります。そのため、人によっては固定資産税を納めるのを負担に感じて払えない事態になってしまう場合もあるのです。では、実際に、固定資産税が払えないという状況になった時、どのような事態が想定されるのでしょうか。次に、その点に重きを置いて説明します。

払えないのであれば差し押さえもありうる

固定資産税を払えないまま滞納の期間が長くなってくると、資産を差し押さえられてしまう可能性が高いです。そのため、適切な時期にきちんと固定資産税を納めるのが大事になってきます。また、固定資産税を払えないで資産を差し押さえられてしまった場合であっても、滞納した分をきちんと支払えば、差し押さえが解除されるようです。

市町村税にあたる固定資産税を払えない場合は資産を差し押さえられる可能性がある

固定資産税が払えない場合に起こり得る罰則について見ていきました。日本国民には、税金をきちんと納める義務があるので、払えないままにしておくのは良くありません。そのため、その義務について意識し、払えないまま滞納せず、適切に納税していく必要があるでしょう。また、地方税である固定資産税などであっても、払えないという事態に陥れば資産を差し押さえられてしまう可能性が出てきます。固定資産税を払えないかもしれない人は、その点の認識が必要になるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職