離婚が及ぼすローンを組む際の影響

ローン

離婚歴は小さなローンなら関係ない

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8 s

離婚歴は、基本的には小さなローンであれば、あまり関係ないと言えます。たとえばショッピングローンなどの10万円程度の簡単なローンであれば、離婚した経験があろうがなかろうが、払えるという人も多いですし、負担は大して問題にもならないでしょう。そのため、離婚歴は関係なくなります。

むしろ独身の方が有利になるケースもある

むしろそういう小さな金額のローンであれば、離婚歴があっても独身の方の方が有利になる場合もあります。離婚している状態は独身であるわけですから、家族がいる人に比べてはるかに自由に使える金額が多いことになります。家族がいると、どうしてもそこにお金がかかります。したがって、少額のローンなら、離婚歴はあまり問題ないでしょう。

大きなローンの場合は離婚歴が影響する

ただし、それはあくまでも小さなローンの話です。これが住宅ローンなどの大きなローンの話になってきたら話は別です。住宅ローン等の大きなローンにおいては、残念ながら離婚した経験がある方は、マイナスに作用してしまいます。審査は厳しくなると思って間違いないでしょう。しかしなぜ、離婚が大きなローンで問題となるのでしょうか?

離婚がローンに影響する理由は2つ

離婚がローンに影響する理由は2つです。1つは、家族がいないので最悪払えなくなった場合に逃げてしまうのではないかと思われる点です。その点でまずポイントが下がります。

そしてもう1つ。離婚している人は、また離婚するかもしれません。そうなると、すぐに住居を手放す可能性も完全に否定はできませんよね。そんな状態だと、ローンを組めないという金融機関もあるのです。

男性の方が離婚の影響は大きい

そんな、大きめのローンでは影響してしまうという離婚の経験ですが、男性の方が大きく受けると言えます。男性は、基本的に離婚をしたら養育費などを払うものと考えられています。ですから、どうしてもその分経済状態に難があると思われてしまうのです。それは間違いなく、ローンなどの際には大きな影響になるものです。

女性の場合はあまり問題にならない

女性の場合は離婚歴があってもあまり問題にならないケースも多いです。それくらいに、男性と女性で離婚歴のローンへの影響には差があると言えるでしょう。女性の場合はあまりローンのことは考えずに離婚できます。しかし、男性の場合はこういうローンなどへの影響も考慮しながら離婚を考えていかないといけません。残念ながら、これが現実なのです。

離婚していても少額なら問題ないが男性で大きなローンを組むのは難しい

離婚歴は大きなローンには影響がある、というのがここでのまとめです。特に、男性には非がなくても影響してしまうので、弱い立場だと言えるでしょう。しかし、それが今の社会なので、理解して行動せざるを得ません。離婚のメリットと、こうしたデメリットを良く照らし合わせて考える必要があると言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス