ローンの利息を減らしたい人におすすめの方法

2017年1月16日ローン, 利息

ローンは高額な商品を手軽に購入できる割賦契約

Dollar 499493 640

高額な商品は通常とは違い、一括で商品代金を支払うのは容易ではありません。このため、高級な商品を手軽に購入することを目的に考案されたのが、割賦契約という金融商品で、ローンという名称でも既に一般化しています。ローンはあくまでもお金を一時的に借りて商品代金として充てる為、全てを返済するまで、あらかじめ設定された利率に応じた利息を支払う必要があります。

ローンには元本と利息の2つの費用が発生する

ローンでは、元々借りたお金に相当する元本と、元本に対して利率を掛け合わせて求める利息の2つの費用がそれぞれ発生します。元本は、あらかじめ設定しておいた返済計画に基づいて月々一定額を支払う方法で返済するほか、利息分も1年分の利息を12ヶ月分に分けて計算した後、元本の分割分と共にまとめて支払うのが通常の方法です。この2つの費用の関係から、元本を減らせれば、同時に利息も減らせるということが分かります。

毎月の利息を減らす方法①:元本を減らす

では、実際に毎月支払っている利息分を少しでも減らして負担を軽減した場合、どのような方法が考えられるでしょうか。まず、第一に当てはまるのが、元本部分の額を少しでも減らすという方法です。毎月の支払額の内、元本部分にどの程度の額が適用されているかをあらかじめ確認した上で、更に余裕が有るタイミングで元本部分に対して返済を行い、借り受けている根元部分の借入金総額が減り、そこから求められる利息分も併せて減らせる手法です。

元本は繰り上げ返済が可能

実は、ローン契約を結んだ際に借り入れた元本部分については、毎月に分割して返済する方法とは別に、纏まった金額を1度に返済することができます。これを「繰り上げ返済」といいます。繰り上げ返済は、例えば家計に余裕が有る月や想わぬ臨時収入が発生した際、希望した額を毎月の返済額に上乗せする形で一括的に返済する方法のことで、返済日の1ヶ月程度前までに申し込んでおくことで、希望する月だけ多めに返済することができます。これで元本を本来の支払いよりも大きく減らすことで、相対的に、元本から発生する利息額自体を減らすという仕組みです。

毎月の利息を減らす方法②:一括返済を利用する

また、毎月支払う利息を減らすもう1つの方法に当たるのが、一括返済を活用した方法です。一括返済とはその名の通り、借りているローン分の元本を全て1度に返済する方法のことで、纏まった資金が必要になる一方、1度にローン残高を全て0円にできるため、以後に発生するはずだった利息を一気に解消できます。例えば、ローン残高と同じ額の纏まった資金を用意することができれば、その資金を使ってローンの一括返済が可能となり、そこから本来発生するはずだった利息も無くせます。

借入先を変更して利息を減らす

ローンの一括返済を用いた利息の削減方法として、最近よく用いられているのが、借入先を変更するという手法です。これを「借り換え」といいます。例えば、現在契約しているローン商品では、利息として年利5%に設定されているとします。別のローン商品で、ローン残高に相当する額を年利3%で利息が済むという条件で借りる事ができた場合、相対的に5%から3%に毎月の利息を減らすことができるので、年利2%分の利息が削減できるという計算に。特に、利息が高い時期にローン契約を結んでしまった方は、現在の一般的なローン商品の利息との兼ね合いに応じて借り換えを活用することで、毎月の利息分の負担を大幅に軽減できるでしょう。

ローンの利息を減らすには元本を減らす繰り上げ返済と借入先を変更する一括返済がある

住宅や自動車など、高額な商品が欲しい際に重宝するローン契約は、既に一般的な金融商品として浸透しています。ただし、1度に大金を借り入れるため、必ず発生するのが利息の存在。大金を借り入れている場合ほど、この利息分の負担も決して馬鹿にはできず、毎月の利息分を少しでも減らすことができれば、それだけでも大きな負担軽減に繋がります。ローン契約の利息を減らす方法には、まとめて返済したり借入先を変更するなどの方法もあり、やりくり次第で何方でも十分に可能です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK