「おまとめ」と「借り換え」の意味とは?ローンの審査に通るポイント

ローン

「借り換え」や「おまとめ」はカードローンでよく使われる言葉

Calculator 178124 960 720

借り換えとは金融業界用語で、「他社からの借金をいったん全額返済する目的で、金利など条件の良い別のローンで新たに借りること」を意味する場合が多いです。

おまとめとは、「複数社からの借入れを、より低金利で負担の少ないカードローンなどに借り換えをして、借金を一本化すること」を表します。

この借り換えとおまとめがセットで使われる場合は、大抵カードローンに関しての話題になります。カードローンとは、無担保で現金融資を受けられる、わりと敷居の低い融資方法です。融資元は、銀行、消費者金融、信販会社が主です。

負担が少なくなるカードローンに借り換えやおまとめが人気

なぜ多くの人が借り換えによるおまとめを希望するかというと、複数の金融機関から借り入れをしている状態だと、かなり負担が大きいからです。毎月の返済額も大きくなりますし、月々の返済日も異なる場合が多いので、管理も大変になります。通常、カードローンは借入金額が大きくなればなるほど、金利が低くなります。つまり、少額を複数社から借入しているよりも、大きな額を一社から借入した方が利息負担も少なくなるのです。また、毎月の返済額も減る場合がほとんどです。

年収が400万円程度あればおまとめローンの審査に通る

低金利で大きな金額を借り換えによるおまとめローンには、当然審査があります。借り換えでのおまとめローンも、カードローンの場合は無担保です。そのため、万が一借りた人が毎月の返済をしてくれず、貸し倒れとなってしまった場合、借り換えでのおまとめローンを提供した金融会社の負担になってしまうからです。ただ、審査に通るポイントは案外ほとんどの人はクリアーしているものです。まず、借り換えでのおまとめローンで金額が大きいからといって、高収入であることは求められません。そもそも高収入であれば、カードローンを利用する必要もないからです。年収400万円程度あれば、まず年収面はクリアーしています。200万円程度でも、審査に通る可能性はあります。

個人信用情報に問題がないかも重要

借り換えによるおまとめローンの審査で最も重要なポイントは、個人信用情報です。カードローンに申込むと、必ず審査においてこの個人信用情報の照会があります。過去5年間に債務整理や3ヶ月以上の返済遅延があると、いわゆる「ブラック」と呼ばれ、大手銀行や消費者金融の審査は通らなくなります。誤解されやすいのが、過払い請求をしたケースです。以前は、過払い請求でも個人信用情報に記載がされていましたが、さまざまな団体が運動をした結果、現在では一切記載されていません。過払い請求は正当な権利の行使なので、それによって不利益を被るのはおかしい、という主張が認められたことによります。

おまとめローンの気になる職場への在籍確認は安心

カードローンでお金を借りるとき、多くの人が不安に思うのが職場への在籍確認です。銀行や消費者金融の多くは、申込書に記載された勤務先に実際に申込者が勤務しているかどうかを確認するのに、職場に電話をかけます。この電話によって、借金が職場の人にばれてしまうのでは?と心配かもしれませんが、大丈夫です。金融機関は個人情報には配慮していますので、消費者金融の場合は個人の苗字を名乗って電話をかけます。

「鈴木と申しますが、高橋さんをお願いできますか?」

このような内容であることが多く、仮に本人が電話に出ることができなくても、

「高橋は離席中です」

といった返答があれば、在籍確認は取れたとして終了します。

不安があれば金融機関に直接質問するのが1番

それでも職場への在籍確認の電話は気になってしまう、という人は、申込をする金融会社に確認するのが1番です。不安に思う人は多いので、質問したからといって審査で不利になりません。大手消費者金融の一部は、電話確認の代わりに会社の名前が入った給与明細や保険証で在籍確認をしてくれるところもあります。また、銀行カードローンでは普通預金口座を持っている申込者に対しては、在籍確認をしていないところもあります。消費者金融のおまとめローンよりも、より低金利の銀行カードローンでおまとめを希望する人の方が多いので、その場合には在籍確認自体がない場合もあり得ます。

借り換えによるおまとめローンは借金返済の負担を楽にするもので年収が400万円程度あれば審査を通過できる

ここ10年で金融業界は一変し、カードローンの適用金利もひと昔前よりもだいぶ下がりました。悪質な取立等もなくなり、大手消費者金融の多くは銀行グループに属し、クリーンなイメージが根付いてきました。そのため、足りなくなった生活費の補てん等で気軽にカードローンを利用する人が増えました。そしていつの間にか複数社から借金をしてしまい、毎月の返済に追われてしまうということは珍しいことではありません。多重債務を抱えている人を対象とした、低金利のおまとめローンに借り換えをすることによって、月々の返済と利息を減らすことが可能です。延滞等がなければ、借り換えでのおまとめローンの審査ハードルも決して高くはありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス