ローンで自動車を買う人必読!繰り上げ返済のメリットと注意点

ローン, 返済

自動車ローンの繰り上げ返済の方法は2種類ある

A

そもそもですが、自動車ローンで繰り上げ返済をする時は、2種類の返済方法から選びます。1つは、「一部繰り上げ返済」、もう1つは「一括返済」です。そして、その一部繰り上げ返済には、毎月の返済金額を変えず、期間を短縮するものと、期間はそのままに、毎月の返済金額を減らすものがあります。といっても、自動車ローンの中には、繰り上げ返済ができないものもあります。

期間短縮型と返済額軽減型それぞれにメリットがある

期間短縮型のメリットとして「早いうちにプレッシャーから開放され、人生設計がしやすくなる」「万が一の際にも、対応しやすくなる」というものが、挙げられます。一方、返済額軽減型には「期間は変わらないけれども返済金額が減るので、稼ぎが少なくなっても大丈夫」というメリットがあります。一般的なサラリーマンで、若い人であれば、返済額軽減型の方が向いているかと思いますが、30代以上であれば、期間短縮型の方が向いているかもしれません。

繰り上げ返済では総額での負担軽減や早めのローン完済が可能

自動車ローンの繰り上げ返済におけるメリットには「総額での負担を減らせる」「早くローンを完済できる」「信用機関へ、高い信用情報を渡せる」が挙げられます。自動車ローンだけではなく、全てのローンには利息があります。ですので、長い目で見れば、負担を減らすことができて、早くローンを完済させることができ、さらには信用情報を渡すことだってできます。とはいえ、もちろん、デメリットもあります。

そもそも自動車ローン自体が高いし負担もかかる

自動車ローンの場合、繰り上げ返済自体に、これといったデメリットはありません。しかし、自動車ローン自体に、デメリットがあります。自動車ローンで車を買うと、利息や金利などで高くついてしまいます。また、高く付く割には、毎月の支払いがありますので、自動車ローンを組んでから完済するまで、精神的に負担がかかってしまうのです。そもそもですが自動車ローンの審査は、大口の取引のため厳しく、新卒社会人でさえも、落とされるケースがあります。

ローンを組んでおいて余裕な時に繰り上げ返済や一括返済をする

では、どのように車を買うのが、最もお得になるのでしょうか。金額的に最もお得なのは「一括購入」ですが、若い人でそれができない場合は、自動車ローンを長めに組んで、余裕が出たら繰り上げ返済や一括返済を行うようにしましょう。住宅ローンは、計2,000万円以上の金額を返済しますが、自動車の場合は、200万円前後でしょう。ですからベースは低く、早く終わるようにしたほうがお得なのです。

繰り上げ返済の際に通常返済分は一括されない

繰り上げ返済をする際、中には「繰り上げ返済分と通常返済分は、一括でできる」と考えている人も、いるかと思います。しかし、繰り上げ返済を行ったその月も、通常分の返済は、行わなければなりません。昇給したり、生活に余裕が出てくると、積極的に繰り上げ返済をするようになるかと思います。その癖がついても、繰り上げ返済をする時は、月2回返済するという認識を持って下さい。

早めのローン完済や負担軽減が可能な自動車の繰り上げ返済に通常返済分は一括されないので注意

自動車ローンの繰り上げ返済については、長期的な目で見た際に、返済額が少なくなるのも考えて、「お得」と言い切れます。ただ、そうとはいえ、自動車ローンが元来持っている「毎月の負担」「金利」の問題は、軽減されるだけで、解決しないと思った方が良いでしょう。お金をコツコツ貯めて一括購入したり、一括返済した方が、精神的には楽になれます。そういった部分も、検討しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職